1996年のビックレッドマシンで指導者経験がないのは前田智徳ただ1人!

2016年の好調カープ打線は、20年前のレッドマシンガン打線に、1998年に優勝した横浜ベイスターズの核弾頭石井琢朗バッティングコーチが指導していることもあり、名前を融合してビックレッドマシンガン打線と呼ばれている。

ビックレッドマシンから早20年、当時のメンバーはそれぞれの道を歩んでいる。

“1996年のビックレッドマシンで指導者経験がないのは前田智徳ただ1人!” の続きを読む

野球組織と会社組織の相違点。全権型か依存型に分けられる。

野球の組織を見ていると、一般社会の会社組織と似ているなと感じる事がある。

会社で動労者として働いている方は、そのような見方で野球を見ると、また一味違う楽しみ方が増えるのではないだろうか?

“野球組織と会社組織の相違点。全権型か依存型に分けられる。” の続きを読む

2016年カープの見所は?25年ぶりの優勝へのキーマンは誰だ?

2016年新年あけましておめでとうございます。

新年早々、前田健太とロサンゼルスドジャースが契約合意と報道されていますが、入札前になぜ?と意味がわからない。

とは言え、2016年は前田健太がメジャーに移籍することはほぼ間違いない状況で、25年ぶりの優勝を目指すカープのキーマンは誰なのか?見どころはどこにあるのか?を考えてみたい。

“2016年カープの見所は?25年ぶりの優勝へのキーマンは誰だ?” の続きを読む

中田翔と稲葉篤紀の師弟関係を見て思う。前田智徳の弟子は?

プレミア12で中田翔が絶好調!

大会が始まる前までは自分自身でバッティングの調子が悪いと感じていたみたいだが、侍ジャパンが集まっての直前合宿で調子を掴んだ。

“中田翔と稲葉篤紀の師弟関係を見て思う。前田智徳の弟子は?” の続きを読む

広島東洋カープ2016コーチングスタッフ発表!個人的に思うこと

広島東洋カープの2016年コーチングスタッフが発表になった。

個人的に思うことを書いてみたい。

“広島東洋カープ2016コーチングスタッフ発表!個人的に思うこと” の続きを読む

古葉竹識、大下剛史…カープには鬼軍曹的指導者が必要では?

優勝の可能性が無くなって戦意喪失したのか、それとも元々の力なのか、3試合連続完封負けを喫した。

“古葉竹識、大下剛史…カープには鬼軍曹的指導者が必要では?” の続きを読む

打線の核4番と試合を締めるクローザーは日本人を育てよ!!

広島東洋カープ、先発投手が踏ん張っているものの打線が奮起せず、接戦で競り負けている状況が続く。

打線の核である4番、試合を締めるクローザーに焦点が当たっている。

“打線の核4番と試合を締めるクローザーは日本人を育てよ!!” の続きを読む

侍ジャパンのコーチングスタッフは経験値が少ないのが課題点

今日・明日と侍ジャパン代表vs欧州代表の2連戦が組まれている。

この2試合はコーチングスタッフの経験値を上げることが1番のポイントかもしれない。

“侍ジャパンのコーチングスタッフは経験値が少ないのが課題点” の続きを読む

侍ジャパン3塁コーチャー仁志敏久、経験はどこで積む?

日米野球、侍ジャパンが2連勝。

打線が繋がり、縦横無尽に選手がグラウンドを駆け巡っているが、1,3塁ベースコーチはそれぞれ村松有人と仁志敏久だ。

“侍ジャパン3塁コーチャー仁志敏久、経験はどこで積む?” の続きを読む

2014年ドラフトと新外国人から考察するカープ弱点補強策

暫くぶりのブログ更新です。

というのも、PCが壊れてログインできませんでした。

その間にドラフトや日本シリーズ開幕とまだまだ熱い野球シーズンは続いている。

今更ながらカープのドラフトを中心に新外国人を含めた補強策についての考察をしてみたい。

“2014年ドラフトと新外国人から考察するカープ弱点補強策” の続きを読む

今村猛先発調整中、山口俊の先発復帰成功例に考える投手起用法

今村猛がウェスタンで先発投手として調整している。

8回を任せるべき不動のセットアッパーとして10年以上安泰と思っていたが、ここ2年は停滞中。

今後は先発投手として育てるのだろうか?

“今村猛先発調整中、山口俊の先発復帰成功例に考える投手起用法” の続きを読む

2年ぶりの勝ち投手福井優也、ローテ入りへ大事なのは次の登板!

2014年7月27日(日)、福井優也が2年ぶりの勝ち投手、それも完投成し遂げた。

ファンが待っていたピースが埋まりそうだ。

“2年ぶりの勝ち投手福井優也、ローテ入りへ大事なのは次の登板!” の続きを読む

松井裕樹の潜在能力!奪三振率10以上!制球よりも長所を磨け!

前田健太vs松井祐樹。

思っていたほど注目をされなかった気がするが、前田健太が貫録を見せた。

しかし、松井祐樹の潜在能力はやはり只者ではない!

“松井裕樹の潜在能力!奪三振率10以上!制球よりも長所を磨け!” の続きを読む

シュート習得のデメリット?ストレートのキレを取り戻せ野村祐輔

野村祐輔が苦しんでいる。

撃ち込まれるケースが多く、打ち取っても球数を要すために長いイニングを投げられない。

ファールで逃げられることが多いからだろうが、「ストレートの質」を取り戻すことが必要ではなかろうか?

“シュート習得のデメリット?ストレートのキレを取り戻せ野村祐輔” の続きを読む

カープ本塁打増加の要因は下半身強化にあり?猛練習の成果だ!!

2014年開幕ダッシュ大成功!!

間違いなく投手陣の頑張りが大きいが、打撃陣に目を移すとホームランの多さに注目だ。

“カープ本塁打増加の要因は下半身強化にあり?猛練習の成果だ!!” の続きを読む

【監督とユニフォーム】野球の監督は采配で試合の流れを支配!

野村謙二郎監督が危険球退場を除いては12球団で初めての退場処分を受けた。

その熱い行動に選手が鼓舞し、見事な逆転勝利!!

“【監督とユニフォーム】野球の監督は采配で試合の流れを支配!” の続きを読む

投球数に対する日米の考えの違い、科学的に証明できないものか?

野球選手、特に投手にとっての肘はとても繊細なもの。

人間にとって小さなボールを投げる行為は自然な動作ではないはずだ。

“投球数に対する日米の考えの違い、科学的に証明できないものか?” の続きを読む

機動力野球論。足を活かすには先ずは出塁することが先決!

カープ伝統の機動力野球、盗塁数だけに目が行きがちだが、盗塁以外にもバント、エンドランなど、いわゆる「スモールベースボール」全般に関わる話である。

この機動力野球を発揮するには先ずは出塁をしなければならない。

“機動力野球論。足を活かすには先ずは出塁することが先決!” の続きを読む

SFF、チェンジアップ、メジャーからやってくる新しい球種

ここ数年、日本球界で流行の兆しがあるスプリット・フィンガード・ファーストボール。

昔は頭文字を取ってSFFを呼ばれていたが、最近は単にスプリットと呼ばれている。

“SFF、チェンジアップ、メジャーからやってくる新しい球種” の続きを読む

野村祐輔カープ伝統の球種「シュート」習得中、投球の幅を広げろ!

野村祐輔が今キャンプでシュートの習得に励んでいる。

器用な投手であり、モノにすることができるだろうと思う。
(期待を込めて(^^ゞ)

カープのエースは代々シュートを武器にしてきており、野村祐輔がその系譜を担う事になりそうだ。

“野村祐輔カープ伝統の球種「シュート」習得中、投球の幅を広げろ!” の続きを読む