宮川孝雄、町田公二郎、浅井樹、松山竜平…元カープ選手の名が多い代打日本記録

カープの代打の切り札と言えば、松山竜平。

2023年シーズンは代打での打率.380と驚異の数字を残している。

カープでは町田公二郎、浅井樹という左右の代打の切り札がいた時代もあるが、代打の日本記録を調べていたら、この2人以上に元敏腕スカウトである宮川孝雄の代打成績がスゴイ事に気が付いた。

“宮川孝雄、町田公二郎、浅井樹、松山竜平…元カープ選手の名が多い代打日本記録” の続きを読む


カープ歴代年俸ランキング!!球団史上初の1億円プレーヤーは北別府学で過去最高額は黒田博樹の6億円!

*2023年12月15日情報更新

カープの年俸ランキングを調べてみた。

“カープ歴代年俸ランキング!!球団史上初の1億円プレーヤーは北別府学で過去最高額は黒田博樹の6億円!” の続きを読む


シーズンリーグMVPに選ばれながらベストナインに選出されなかった選手一覧!

プロ野球のシーズンMVPと言えば、その年に最も活躍した選手に与えられる。

となれば、もちろんベストナインに選ばれているはず!と思いきや、そうでもない選手もいるのである。

“シーズンリーグMVPに選ばれながらベストナインに選出されなかった選手一覧!” の続きを読む


広島東洋カープ過去のキャッチフレーズ一覧とチーム順位のまとめ!

2023年11月24日(水・祝)、2023年のカープのキャッチフレーズが発表となった。

「しゃ!

ここ数年は造語やちょっと捻った形でキャッチフレーズを作っている傾向が強かったが、2024年の「しゃ!」は2023年の「がががが がむしゃら」を引き継いだキャッチフレーズとなっている。

“広島東洋カープ過去のキャッチフレーズ一覧とチーム順位のまとめ!” の続きを読む


日本人でメジャーリーグのMVP、新人王を獲得した事がある選手一覧!

1964年に村上雅則が日本人で初めてメジャーリーガーとなって以降、多くの日本人選手が海を渡った。

その多くは日本でMVPを獲得するなど日本を代表する超一流選手であるが、野球の本場アメリカでMVPや新人王を獲得した選手は何人いるのだろうか?

“日本人でメジャーリーグのMVP、新人王を獲得した事がある選手一覧!” の続きを読む


プロ野球日本一から最も遠ざかっている球団は?近鉄バファローズは日本一経験なし!

2016年に25年ぶりにリーグ優勝を果たし、その後3連覇したカープ。

だが日本一奪回には至っていない。

“プロ野球日本一から最も遠ざかっている球団は?近鉄バファローズは日本一経験なし!” の続きを読む


沢村賞を複数回獲得しながら優勝経験がないのは前田健太のみ!

2021~2023年とオリックスバファローズの山本由伸が3年連続の沢村栄治賞に選ばれた。

3年連続の沢村賞受賞は金田正一に続き史上2人目。

2021~2023年とリーグ3連覇し、2022年は日本一に輝いたチームのエースであり、球界の顔となっている。

“沢村賞を複数回獲得しながら優勝経験がないのは前田健太のみ!” の続きを読む


連続試合先発登板の日本記録は?デビューからのランキング1位は野村祐輔!

2012年のデビューから先発登板を続ける野村祐輔。

プロで中継ぎ登板をしたことがない野村祐輔だが、連続試合先発登板の記録がどれくらいなのかを調べてみた。

“連続試合先発登板の日本記録は?デビューからのランキング1位は野村祐輔!” の続きを読む


プロ野球連覇を達成したチーム一覧!セ・リーグは読売の他はカープが3連覇を一度経験しているのが最大!

2018年、シーズン3連覇を達成したカープ!

これまでセントラルリーグで連覇を複数回達成した球団はジャイアンツとカープの2球団のみである。

“プロ野球連覇を達成したチーム一覧!セ・リーグは読売の他はカープが3連覇を一度経験しているのが最大!” の続きを読む


プロ野球優勝してない期間ランキング!最も優勝から遠ざかっているのは横浜DeNAベイスターズ!

2021年のプロ野球、セントラルリーグは東京ヤクルトスワローズ、パシフィックリーグはオリックスバファローズがリーグ優勝を果たした。

共に前年最下位からの優勝と言う下剋上優勝は史上初の事である。

プロ野球12球団で最も優勝から遠ざかっているチームはどこか?

また、これまでで最も長期間優勝できなかったチームはどこで、何年間になるのかについて調べてみた。

“プロ野球優勝してない期間ランキング!最も優勝から遠ざかっているのは横浜DeNAベイスターズ!” の続きを読む


プロ野球最速優勝ランキング!優勝決定日と残り試合数の多さで順位付け!

2016年9月10日、25年ぶりの優勝を果たした広島東洋カープ。

史上最速優勝の可能性も残していたが、残念ながら1位は更新できずに史上2位の速さとなった。

パシフィックリーグでは、2017年9月16日に優勝した福岡ソフトバンクホークスが最速となっている。

“プロ野球最速優勝ランキング!優勝決定日と残り試合数の多さで順位付け!” の続きを読む


高校野球U-18ワールドカップ 過去の優勝チームと日本の成績・最高順位は?開催地はどこ?

2年に一度開催されているWBSC U-18ワールドカップ。

これまでの優勝チームと日本の成績はどうなっているのかが気になったので調べてみた。

“高校野球U-18ワールドカップ 過去の優勝チームと日本の成績・最高順位は?開催地はどこ?” の続きを読む


高校野球監督の甲子園出場回数トップ5!

高校野球には名将と呼ばれる監督が何人もいる。

名将かどうかの基準は人それぞれであるが、甲子園出場回数も一つの指標となるはずだ。

そこで、甲子園出場回数トップ5のランキングを調査してみた!

“高校野球監督の甲子園出場回数トップ5!” の続きを読む


広島東洋カープ過去10連勝以上したのは計6度、そのシーズンの最終順位とは?

プロ野球において大型連勝・大型連敗はそれほど頻繁に起こるものではない。

10連勝以上となると、かなりの勢いや運も味方しないと起こらないだろう。

1950年に球団創設の広島東洋カープ、長い歴史の中で10連勝以上を記録したのは過去に6度しかない。

“広島東洋カープ過去10連勝以上したのは計6度、そのシーズンの最終順位とは?” の続きを読む


高校通算ホームラン数ランキング!1位は佐々木麟太郎の140本塁打!カープ選手のランキングも作成!

高校野球のスラッガーになると、「高校通算本塁打数」がマスコミを通じて話題になる。

練習試合も含めた数字なので、マネージャーが記録している数字を、マスコミに聞かれた際に教えている本数になるはずだ。

“高校通算ホームラン数ランキング!1位は佐々木麟太郎の140本塁打!カープ選手のランキングも作成!” の続きを読む


プロ野球新人デビューからの連続試合安打記録ランキング!

北海道日本ハムファイターズのゴールデンルーキー清宮幸太郎。

オープン戦期間中に限局性腹膜炎を患い開幕1軍は逃したものの、5月2日に1軍登録即スタメン起用されて以降、2リーグ制以降の新人デビューでの連続試合安打の記録を更新した。

(2023年加筆)

その記録を同じく日本ハムファイターズの逆輸入ルーキーである加藤豪将が塗り替えた。

“プロ野球新人デビューからの連続試合安打記録ランキング!” の続きを読む


カープ歴代開幕投手ランキング!!球団最多回数や球界最年長&最年少記録は誰?

カープ歴代の開幕投手、誰が1番多く務めているのだろうか?

球団最年少・最年長の記録を持っているのは誰?

“カープ歴代開幕投手ランキング!!球団最多回数や球界最年長&最年少記録は誰?” の続きを読む


甲子園ベンチ入り登録可能人数に満たなかった学校とその成績は?

2016年センバツ、人口3万人の島から出場する香川県の小豆島高校が注目を集めている。

21世紀枠であるものの、秋の神宮大会を制した高松商を県大会決勝で下しているなど、力のあるチーム。

島民がフェリーで深夜に大移動して甲子園に向かうなど、話題をさらっている。

(2017年1月29日加筆)2017年には部員10名の岩手・不来方が21世紀枠でセンバツ出場を決めた。

“甲子園ベンチ入り登録可能人数に満たなかった学校とその成績は?” の続きを読む


高校野球延長18回、延長15回の規定(ルール)変更の推移まとめ!そしてタイブレーク導入へ!

2018年からタイブレーク制が導入された高校野球、元々はメジャーリーグのように延長打ち切りのルールはなく、勝負が決するまで延長を続けていた。

延長のルールはどのような推移で変遷しているのだろうか?

“高校野球延長18回、延長15回の規定(ルール)変更の推移まとめ!そしてタイブレーク導入へ!” の続きを読む


甲子園ベンチ入り登録可能選手の人数推移。無制限から14人⇒15人⇒16人⇒18人⇒20人!

2023年の夏の甲子園大会からベンチ入りが20人に増員されることとなった。

これまでの甲子園のベンチ入りメンバー登録可能人数の推移について調べてまとめてみた。

“甲子園ベンチ入り登録可能選手の人数推移。無制限から14人⇒15人⇒16人⇒18人⇒20人!” の続きを読む