逆境から這い上がった永川勝浩をお手本に今年はやり返せ今村猛!

女子スキージャンプの高梨沙羅、日本国民の期待を一新に集めていましたが、結果は残念ながら4位。

解説陣はジャンプの技術でなく風の影響と言ってましたが、4年に一度の大きな大会で・・・とても残念。

前田健太と高梨沙羅は同じ施設でトレーニングしている間柄で仲が良いとか。

ウィダー(Weider)繋がりでしょうね。

前田健太は自身の経験と合わせて、そのプレッシャーについて語ってました。

WBC 準決勝での登板と重なるものがあるのでしょう。

前田健太も2017年WBCへの参加を希望してますし、お互い4年後のリベンジを期待しています!!

(こういうのがプレッシャーを与えるのかな(*_*;)

 

カープで逆境から這い上がった男と言えば「永川勝浩」。

ルーキー時代から抑えを任され、初登板もセーブ機会での登板で初登板初セーブ。

新人ながら25セーブを上げ、カープの抑えは長きにわたり安泰!とはいかず2年目以降は泣かず飛ばす。

2年目のジンクスにどっぷり浸かり、プロ野球の厳しさを知ったことだろう。

 

2008年には石原慶幸しか捕れないと言われる「お化けフォーク」に磨きをかけてキャリアハイの38セーブを上げた。

翌2009年も36セーブを上げて、永川勝浩復活!と思わせた。

 

しかし、またも不振そして怪我もあり成績は降下し2012年は1軍の登板数0。

引退危機まであったが、2013年スライダーを新たに習得して見事復活。

現在通算164セーブ。

 

2度の逆境から見事に跳ね返り、今年もセットアッパーとして期待される。

昨年、セットアッパーもしくは抑えとしても期待されていたのが今村猛。

WBC に選出されるなど若手ながら力のある投手。

チームがCS出場を果たすなど飛躍した年に、シーズン終盤は蚊帳の外だった。

ポーカーフェイスの男だが、今村猛にも若手ながらのプレッシャーがあったのかもしれない。

特にカープのリリーバーは、若手で期待されていて使える目途があるのは今村猛くらいである。

 

野球あるあるメンタル練習法 ~心を強くすれば必ず野球がうまくなる!~
Amazonで購入
楽天市場で購入
7netで購入
Yahooショッピングで購入

 

一流選手はプレッシャーと戦ってなんぼ。

前田健太や高梨沙羅は世界を相手にプレッシャーの話をしている。

永川勝浩は2度も苦境から脱している。

 

身近に良いお手本がいる。

このタイミングで今村猛が一皮二皮剥ければ、カープの投手陣にグッと厚みが増す。

個人的には抑えのエースは日本人であってほしい。

早い段階に抑えのポジションを奪取し、日本を代表するリリーバーになってほしい。

 

2017年WBCで前田健太が先発の柱、今村猛が抑えのエースでWBC 優勝、

2018年冬季オリンピックで高梨沙羅、金メダル。

これらを夢見て、

ファンとしてはやはりどっぷりとプレッシャーを与えておこう(笑)

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください