最も移動距離が長い・短い日本シリーズの対戦相手とは?

2016年、セントラルリーグは広島東洋カープ、パシフィックリーグは北海道日本ハムファイターズがリーグ優勝を果たした。

このまま両チームがクライマックスシリーズを通過し日本シリーズで激突となれば、プロ野球史上最も移動距離が長い日本シリーズとなる。

後日追記:両チームとも日本シリーズ進出を決めました!

日本シリーズ移動距離の最長・最短の組み合わせは?

セントラルリーグで一番西に位置する広島東洋カープと、パシフィックリーグで一番東(北)に位置する北海道日本ハムファイターズ。

この2チームの本拠地間を移動すると、1760.6kmとなる。

セントラルリーグで一番東に位置する読売ジャイアンツとパシフィックリーグの一番西に位置する福岡ソフトバンクホークスの本拠地間の距離は1072.9kmであり、広島-札幌間に軍配が上がるのである。

セントラルリーグ パシフィックリーグ
チーム 本拠地 最寄駅 移動距離 チーム 本拠地 最寄駅
広島東洋
カープ
マツダ
スタジアム
広島 1760.6
km
北海道日本ハム
ファイターズ
札幌
ドーム
福住
読売
ジャイアンツ
東京
ドーム
水道橋 1072.9
km
福岡ソフトバンク
ホークス
ヤフオク
ドーム
唐人町

では、最も移動距離が短い対戦は?

1981年の日本シリーズは、共に後楽園球場を本拠地にする読売ジャンアンツと日本ハムファイターズの対戦で行われた為に、移動距離が0であった。

しかし、現在では同一球場を本拠地にしていることはない。

最短になるのは関東圏の球団同士か、もしくは関西圏の球団同士となるはずなので調べてみた。

セントラルリーグ パシフィックリーグ
チーム 本拠地 最寄駅 移動距離 チーム 本拠地 最寄駅
阪神
タイガース
甲子園 甲子園 13.4
km
オリックス
バファローズ
京セラ
ドーム
ドーム
読売
ジャイアンツ
東京
ドーム
水道橋 32.0
km
千葉ロッテ
マリーンズ
QVCマリン
フィールド
海浜
幕張
東京ヤクルト
スワローズ
神宮 信濃町 35.5
km
埼玉西武
ライオンズ
西武プリンス
ドーム
西武
球場前
東京ヤクルト
スワローズ
神宮 信濃町 36.5
km
千葉ロッテ
マリーンズ
QVCマリン
フィールド
海浜
幕張
読売
ジャイアンツ
東京
ドーム
水道橋 36.9
km
埼玉西武
ライオンズ
西武プリンス
ドーム
西武
球場前

*全てYahoo!Japan路線情報より移動距離抜粋

一番最短距離での日本シリーズは、阪神タイガースとオリックスバファローズの戦いとなる。

13.4km、頑張ったら自転車でも行けそうな距離である。

一方の広島-札幌間、選手の移動は飛行機となるだろうが、荷物トラックの運転手は大変な仕事になりそうである。

 

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です