祝、永川勝浩500試合登板!カープ通算登板試合数ランキング!

永川勝浩が通算500試合登板を果たした。

ルーキーながらクローザーを務めた2013年、開幕シリーズの2戦目の対ヤクルトスワローズ@神宮球場でプロ入り初登板初セーブを上げてから足掛け14年での500試合登板となった。

永川勝浩500試合登板はプロ野球95人目、カープでは6人目の大記録!

2016年4月20日、対横浜DeNAベイスターズ@横浜スタジアムで永川勝浩は500試合登板を果たした。

ロペスに満塁ホームランを打たれたのだが、これも失礼ながら永川らしさ?

それでもプロ野球界で95人目、95人しか達成していない名誉な記録である。

長くプロ野球界に在籍していなければ達成できない数字で、それだけチームに貢献してきたのである。

カープでは何人目の記録になるのかと思い、カープでの通算試合数ランキングを調べてみた。

順位 名前 通算登板数 (先発試合数)
1位 大野豊 707 224 1977~1988
2位 長谷川良平 621 315 1950~1963
3位 佐々岡真司 570 303 1990~2007
4位 北別府学 515 460 1976~1994
5位 横山竜士 507 34 1995~2014
6位 永川勝浩 500 4 2003~

永川勝浩、カープでは6人目の通算500試合登板となった。

2016年中に、4位にまで浮上することだろう。

記録を見ると、カープで500試合以上登板しているのは、リリーフ専門では横山竜士と永川勝浩の2人だけ。

先発専門は北別府学、先発・リリーバーと大車輪の活躍をしていたのが、大野豊、長谷川良平、佐々岡真司と層別できる。

時代背景もあるが、リリーフ専門で500試合登板を果たした投手が多いわけではない。

 

日本記録は米田哲也の949試合だが、復活した中日ドラゴンズの岩瀬仁紀が昨年までで891試合登板を果たしており、2016年中の900試合登板は確実。

どこまで米田哲也の日本記録に迫れるかに注目したいが、米田哲也は通算先発登板数が626とこちらも日本記録であるのに対して、岩瀬仁紀は先発は1試合のみと対照的である。

岩瀬仁紀には前人未到の1000試合登板も期待したいところだ。

 

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください