通算勝率ランキング!カープの歴代最高勝率は北別府学で6割超

昨日、日本球界の通算勝率ランキングについて調べてみた。

今日はカープ編。

カープで2000投球回を超えているのはたったの7人!

日本球界で、投手の防御率や勝率などのランキングは2000投球回を超えている投手が対象になっている。

今は年間143試合制、規定投球回を基準に考えれば14年間を要する数字。

勝率以前に2000投球回を超える時点でスゴイ投手と言える。

カープではこれまで7人しか2000投球回に達していない。

順位 名前 期間 勝利 敗北 勝率 投球回
1位 北別府学 1976-1994 213 141 .602 3113
2位 大野豊 1977-1998 148 100 .597 2231
3位 黒田博樹 1997-2007
2015-2016
124 105 .541 2012.2/3
4位 川口和久 1981-1994 131 122 .518 2212
5位 外木場義郎 1965-1979 131 138 .487 2419.1/3
6位 長谷川良平 1950-1963 197 208 .486 3376.1/3
7位 佐々岡真司 1990-2007 138 153 .474 2344.1/3
8位 備前喜夫 1952-1962 115 149 .436 2119.1/3

(川口和久、黒田博樹の成績はカープ時代のみ)

7人しか2000投球回に達していないが、その中で勝率5割を超えているのは3人しかいない。

カープでの歴代通算の最高勝率投手は、精密機械の愛称で黄金時代を支えた北別府学。

日本球界のランキングでは17位にランキングされている。

 

今年海を渡った前田健太は、日本球界での通算勝率は97勝67敗で勝率.591。

1509.2/3イニングをカープで投げてくれてメジャーに挑戦するが、北別府学や大野豊の勝率には届かなかった。

FA移籍でメジャーに渡った後カープに戻ってきてくれた黒田博樹は、日本での通算投球回が1870イニングなので、今シーズン中に2000投球回への到達が期待される。

これまで114勝97敗で勝率.540。

(2016年現役引退後にランキング改定。3位にランクイン)

メジャーでは1319投球回で79勝79敗と五分の数字で、通算すると3189投球回で193勝176敗で勝率.523。

3340.2/3投球回で203勝184敗で勝率.525。

 

数字を並べれば並べるほど、北別府学がスゴイ投手だったことがわかる。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.