堂林翔太は高校時代にライトを実践済!打撃に好影響があるはず!

堂林翔太がオープン戦とは言えライトで初のスタメン出場をした。

シーズンに入っても何の問題もなく守ってくれると思うが、堂林翔太自身にとってもファンにとっても安心したと思う。

 

夏の甲子園優勝はライトで達成!

堂林翔太と言えば、中京大中京高校のエースで4番、名門校の中心選手であった。

 

2009年夏の甲子園もチームを牽引し決勝戦進出。

決勝戦は先発投手として登板するものの途中よりライトに回る。

9回に6点差のリードがあった為、堂林翔太は監督に直訴しマウンドへ。

ツーアウトまで簡単に取るものの、そこから日本文理の怒涛の攻撃を受け、マウンドを1学年下の森本隼平に譲り再びライトの守備位置へ。

結果、優勝を果たしたが優勝はライトのポジションで迎えている。
2014年センバツ注目校、壮絶な秋の神宮大会フィードバック

 

高校時代に登板しない時はライトのポジションを守っていたのだ。

堂林翔太からしたら、そこまで苦にするポジションではないと思う。

投手をしていただけあり地肩は強いので、将来的には日本を代表する外野手になる可能性もある。

堂林翔太のキャッチボールを見ているととても綺麗なフォームで惚れ惚れするので皆さん球場に足を運んで見てほしい!
(暴投が多いのは精神的な問題か!?)

 

4番サード堂林翔太

堂林翔太は、リトルリーグやシニアリーグでは投手兼遊撃手、高校時代は投手兼外野手。

カープ入団後にサードやショートとして鍛えられている。

1軍での出場はサードのみ。

2014シーズンより外野での出場も増えるであろう。

本人やファンはサードと外野どちらを望んでいるのだろうか?

本人はサードのポジションを死守できなかった事に悔しさがあるようだ。

ファンとしてはエラーの多いサードよりも外野を期待しているように感じる。

 

最終回は、終わらない―日本文理高校甲子園準優勝の真実
Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahooショッピングで購入
7netで購入

 

日本ハムファイターズの中田翔はプロ入り後サードの練習していたが、バッティングを活かすために外野手となっり、今年サードに戻ってきた。

「4番サード中田翔」

やはり4番サードは野球の花形。

「4番サード堂林翔太」

いつか実現してほしいですね!(^^)!

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください