栗原健太、サード再挑戦?堂林翔太との新旧4番候補の争いが過熱に

昨日、サード堂林翔太の魅力について記事にしました。

田中広輔のバッティングアピールによって、サード争いに田中広輔が食い込んできそうとの事でしたが、この争いに栗原健太も参戦!?

栗原健太のバッティングが好調なのでしょう。

キラ、エルドレッドとの共存のために栗原健太のサード再コンバートが浮上したと思います。

2010年、野村謙二郎監督が就任した際に最初に着手したのが、サード栗原健太。

守備での多少の犠牲は覚悟していたでしょうが、打撃もなかなか上向かなかった。

ファーストで起用していた助っ人外国人ジャスティン・パトリック・ヒューバー(Justin Patrick Huber)の不振や、自身の骨折もあり、サードを守ったのは46試合。

その後、サードを守った経験はなし。

個人的にはサード栗原健太は「禁断」となっていると思っていました。

 

栗原健太と堂林翔太のサード守備をデータで比較してみました。

栗原
健太
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 堂林
翔太
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2002 8 3 6 2 0 .818 2012 143 76 278 29 17 .924
2003 20 15 35 3 1 .943 2013 105 68 210 19 18 .936
2004 50 18 61 6 5 .929 248 144 488 48 35 .929
2005 15 9 20 2 1 .951
2006 1 0 1 0 0 1.000
2010 46 32 64 10 5 .906
140 77 187 23 12 .920

 

レベルの高い争いではないですが、ほぼ同等な数字です。

私が思うのは、栗原健太はサードを守ると打撃に影響するのではないかと言う事です。

逆に堂林翔太は1軍でサード以外を守った事がないですが、バッティングにしても守備にしても、ここからの伸びしろがまだまだ大きいと思っています。

 

2014年だけを考えれば、栗原健太、堂林翔太に田中広輔を加えたメンバーで、打撃力での勝負になりそうな気がします。

そして、試合終盤に木村昇吾が守備固め。

ホットコーナーとも言われるポジション、華のあるプレーを魅せてほしいですね。

 

プロが教える『守備の極意』―野球力アップ!! (B・B MOOK 813 スポーツシリーズ NO. 683)

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

2014年、サードを誰が守るのか、カープのスタメンを組み立てる時に一番キーになる要素かもしれません。

そしてサードを守る選手が何番を打つのか?

打撃重視であれば、上位打線に名を連ねてほしいです!!

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です