球界を席巻する大阪桐蔭高校出身者でスタメンを組んでみた!

2015年オールスター第1戦、パシフィックリーグは3番~6番までを大阪桐蔭出身者で固めた。

対するセントラルリーグは2番手で登板した藤浪晋太郎が3イニングをパーフェクトに抑えてMVPを獲得。

大阪桐蔭高校の出身者が目立つオールスターである。

大阪桐蔭出身者でのスタメンを組んでみた!

パシフィックリーグは、3番:森友哉、4番:中村剛也、5番:中田翔、6番:浅村栄斗と大阪桐蔭出身者が中軸を形成した。

対するセントラルリーグも7番に平田良介が入り、スタメンで大阪桐蔭選手がなんと5人。

MVPを獲得した藤浪晋太郎を含めて大阪桐蔭出身選手がオールスターを盛り上げた。

 

現在、大阪桐蔭出身の選手は13人と横浜高校の18人(育成除く)に次ぐ多さ。

大阪桐蔭出身選手でスタメンを組んだら面白いと思い、考えてみた。

打順 ポジション 名前 所属 卒業年
1番 ファースト 浅村栄斗 埼玉西武 平成20年度
2番 セカンド 西岡剛 阪神 平成14年度
3番 ライト 森友哉 埼玉西武 平成25年度
4番 サード 中村剛也 埼玉西武 平成13年度
5番 レフト 中田翔 北海道日本ハム 平成19年度
6番 ライト 平田良介 中日 平成17年度
7番 ショート 西田直斗 阪神 平成23年度
8番 DH 江村直也 千葉ロッテ 平成22年度
9番 キャッチャー 岡田雅利 埼玉西武 平成19年度
 ピッチャー 川井貴志 東北楽天 平成6年度
岩田稔 阪神 平成13年度
藤浪晋太郎 阪神 平成24年度

千葉ロッテ所属のルーキー香月一也(平成26年度卒)は控えとした。

1番から6番までは球界を代表する選手が並ぶ。

4番を打てる強打者だけでなく、キャッチャーが3人(岡田、江村、森)と多いのも特徴だろうか?

 

大阪桐蔭高校野球部―最強新伝説 (B・B MOOK 1031 高校野球名門校シリーズ 3)
Amazonで購入
楽天市場で購入

 

バランス的にはピッチャーがもっといてもいいような気がするが、現役プロ野球の投手が3人もいる高校はほとんどないことを考えると、大阪桐蔭だからこそ言える話となる。

 

関連記事:


「球界を席巻する大阪桐蔭高校出身者でスタメンを組んでみた!」への2件のフィードバック

  1. 投手陣は今中慎二がいないですよ。
    控えに、根尾昂や藤原恭太も欲しい。

    1. アンジー 様

      コメントありがとうございます。
      この記事ですが、2015年7月に投稿したもので、当時の現役選手を対象としています。
      OB含めれば今中慎二は大阪桐蔭を代表する投手ですし、2022年の現役選手として根尾昂や藤原恭太もメンバーに入れるだけのスーパースターになって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください