ホームランか三振ランス、華があり夢がある!?

プロ野球の醍醐味、ホームラン。

その一振りで試合をひっくり返す魅力があります。

カープに足りない要素の一つ。

今から約25年前、とても味のある外国人助っ人が在籍していました。

「リチャード・アンソニー・ランセロッティ」

長い名前ですし、誰だこれ?と思うでしょうが、登録名は「ランス」

そう、あの「ランス」です。

本名だと長いのでランスにしたと思います。

当時の広島市民球場のスコアボードは手書き。

長い名前を敬遠したのでしょう。

 

ランスと言えば・・・

「ホームランか三振」

「三振かホームラン」

年度 試合 打席 打数 打率 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 得点 盗塁 盗塁死 犠打 犠飛 四球 敬遠 死球 三振 併殺打 出塁率 長打率 OPS
1987 121 470 403 .218 88 9 1 39 216 83 67 0 2 0 3 60 7 4 114 10 .323 .536 .859
1988 79 305 264 .189 50 7 3 19 120 50 33 1 1 0 7 32 3 2 58 2 .275 .455 .730
NPB計 200 775 667 .207 138 16 4 58 336 133 100 1 3 0 10 92 10 6 172 12 .305 .504 .808

赤太字:リーグ最高、青太字:リーグ最低

1987年はご存知の通り、ホームラン王でありながら三振王、そして規定打席到達打者の中で最低打率。

1988年は、シーズン途中でベンチ(ベンチ裏?)で本を読んでいて解雇になったようですが、規定打席に達していたら、最低打率であったでしょう。

 

1987年は83打点を上げており、チームへ貢献していたと思います。

1987年は前年に山本浩二が引退し、小早川毅彦が4番に座りましたが、打率.286、本塁打24本、打点93。

打点だけを比較すれば、良い成績だったと思います。

1988年も、シーズン途中まででありながら、犠牲フライはリーグトップ。

今のカープの弱点を補ってくれるのでは???

 

プロ野球 最強助っ人 (別冊宝島 2068)
Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahooショッピングで購入
7netで購入

カープの2014年外国人は、キラ・カアイフエとブラッドリー・ロス・エルドレッドが打線の中心。

ムラがあるかなと思いますが、二人とも、打率よりもホームランと打点を意識してほしいです。

30本塁打、100打点を期待します。

 

ランスの成績を調べていて、堂林翔太に似てるなと感じてしまいました(;ω;)

堂林翔太には、もっとスケールの大きな選手になってほしい($・・)/~~~

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください