ビッグイニングを防げ!! カープが絡むビッグイニング負の記録。

最近のカープ、ビックイニングで失点する事が多い。

1イニングに4点以上取られると試合をぶち壊してしまう。

我慢して3点までに抑えなければならない。

 

4点以上のビッグイニングはNo!!

ビッグイニングは何点からか?とは具体的に決まっている訳ではない。

Wikipediaを見ると5点以上とされているが、私の中では4点以上。

何故なら高校野球時代の監督がそのように指導していたからだ。

と根拠のない話だが、1イニングに4点も5点も取られるような野球をやっていてはいけない。

 

ビッグイニングになるには、必ずと言っていいほどエラーや四死球が絡む。

ここからリズムが崩れ更にエラーや四死球が絡んだりと悪循環が続く。

集中力も無くなり、負の連鎖が止まらない事も多い。

この連鎖は攻撃にも影響し、点差以上に追い付こうとする戦意を消失させる。

 

逆に考えればビックイニングは防ぐことが可能である。

守備で如何に集中力を持ってリズムよく動くか、である。

これにはベンチワークも必要で、タイムや選手交代を利用すれば流れを変えられることも多い。

 

カープが絡む負のビッグイニング記録

カープのビックイニングに関わる負のデータを紹介して、イヤな垢を落としたい。

 

1996年7月9日対読売ジャイアンツ@札幌円山球場

この年、快調に首位を走っていたカープ。

しかし、この1戦が分岐点となり「メークドラマ」が起こったと言われるゲーム。

2回裏2死ランナー無し後藤孝志にヒットを打たれ、途中川川相昌弘の満塁本塁打を含み9者連続安打。

先ほど、ビックイニングにはエラーや四死球が絡むと書いたが、このケースは非常に稀だ。

当時学生だった私は授業をさぼりテレビ観戦していたが、2死からの一気の攻撃であれよあれよと点数を取られた印象。

流れとは恐ろしい。

 

2009年6月11日対千葉ロッテマリーンズ@千葉マリンスタジアム

この試合は記憶に新しい人も多いかもしれない。

打者20人の猛攻で、打者1巡ではなく打者2巡。

4四死球1エラーが含まれ、ビックイニングの象徴。
(それでもイニングに12安打も打たれているが・・・)

この日生まれた記録は以下の通り。

◆1イニング最多得点: 15点
◆1イニング打席数: 20打席
◆1イニング最多安打: 12安打
◆1イニング連続出塁: 15打者
◆連続得点:14連続得点
◆1イニング個人打席数:3打席(大松尚逸)

結果的には23-2のプロ野球とは思えないスコア。

当時のマーティブラウン監督はラグビー見たいな試合と形容していたが、見てるファンには堪らない。

 

これだけ書いたので、カープのビックイニング献上が減る事を期待したい。

 

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー
Amazonで購入
楽天市場で購入
7netで購入
Yahooショッピングで購入

 

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください