ミコライオ不在時の代理ストッパーは一岡竜司で決定か?

左脚内転筋痛の為、1軍登録から外れているミコライオ。

シーズン前からわかっていた奥さんの妊娠の時期となり、アメリカへ一時帰国した。

ミコライオ離脱後、これまではセーブ機会が訪れていないが、起用法をみると一岡竜司が代理ストッパーとなっていそうだ。

 

8回を支配した一岡竜司、9回も支配せよ!!

2014年5月21日の福岡ソフトバンク戦、8回表で同点となり、その裏のマウンドには永川勝浩が上がった。

私は一岡竜司の出番と思っていた。

しかし、この流れを冷静に分析すると、「一岡竜司ストッパー」では?と感じる。

ミコライオ離脱当初は、2軍で無双の活躍をしていたサウスポーのフィリップスを1軍登録し、そのままミコライオの役回りを任せると思っていた。

しかし、負け試合でも登板させたりとストッパーの扱いではない。

中田廉はイニング跨ぎも出来るのでストッパーではなく、これまでの役回りに近い7-8回を任せる意向だろう。

これまで8回を完全に抑えていた一岡竜司がストッパーに回る形。

何にせよ、全員がワンランク上の役回りを任せられることになる。

5月21日の試合も、リードをしたら一岡竜司へ繋ぐ形だったと思う。

 

ブルベン陣の歯車

ミコライオが一人抜けて、ブルベン陣の歯車が少しだけズレてきている。

裏を返せば、歯車がきっちり噛み合えばスムーズな回転をしてくれる。

どの球団でも同じ話と言われればそれまでだが、それだけの歯車が揃っているのがカープブルペン陣。

ミコライオの帰国&1軍復帰は5月末~6月上旬だろうか?

そこまでは皆で助け合って歯車を回転させるしかない。

 


天国から来たストッパー!

 

ここでこそ一番働いてほしい、そして働かなければならないのは永川勝浩だ!

経験値は一番でこれまでも多くの修羅場を切り抜けている。

その経験を今こそ活かさなければ!!

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください