カープが16年間Bクラスだった間、常にAクラスだった谷繁元信

2013年、カープは1997年ぶりのAクラス、クライマックスシリーズ進出で盛り上がった。

その一方で1996年ぶりのBクラスになり落ち込んだのが谷繁元信。

谷繁元信とチーム成績

平成元年、大洋ホエールズでルーキーシーズンを迎えた谷繁元信。

平成26年になる今年はプロ生活26年目。

FAにより平成14年より中日ドラゴンズに移籍しており、今シーズンを終えれば大洋-横浜と中日での現役生活が13年ずつとなる。

 

ルーキーシーズンから優勝を果たす1998年までの大洋-横浜のチーム成績は、

6位 ⇒ 3位 ⇒ 5位 ⇒ 5位 ⇒ 5位 ⇒ 6位 ⇒ 4位 ⇒ 5位 ⇒ 2位 ⇒ 優勝

入団当時の大洋は、「横浜大洋銀行」と言われたほど弱いチームであったが、谷繁元信の成長と共に優勝を成し遂げる。

優勝後にFAで退団するまでの1999年から2001年までの成績もすべてAクラスの3位。

 

中日ドラゴンズに移籍後は毎年優勝を狙えるチームとして君臨。

3位 ⇒ 2位 ⇒ 優勝 ⇒ 2位 ⇒ 優勝 ⇒ 2位 ⇒ 3位 ⇒ 2位 ⇒ 優勝 ⇒ 優勝 ⇒ 2位 ⇒ 4位

横浜は谷繁元信退団後、2002年~2004年まで3年連続最下位。

2005年に借金1で3位になるものの、谷繁元信退団後は貯金を作ったシーズンはない。

 

2013年の谷繁元信は1996年以来のBクラス、借金シーズンだったのである。

谷繁元信こそ「優勝請負人」にふさわしい男だと思う。

 

谷繁元信と広島東洋カープ

前述の通り、谷繁元信はカープと真逆なチーム成績を残す選手である。

そんな谷繁元信は島根県江の川高校(現:石見智翠館)出身であるが、実家は広島県。

カープもドラフトで獲得を目指していたそうだが、カープがドラフト1位で獲得したのが現監督の野村謙二郎。

野村謙二郎の獲得は間違っていないが、もし谷繁元信を獲得していたらカープはどうなっていただろうか?

1991年に正捕手達川光男で優勝を果たしたが、翌1992年で現役引退し、達川光男以後の捕手で優勝を果たしていない。

 

私が見た最高の選手、最低の選手
Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahooショッピングで購入
7netで購入

 

2014年シーズンは谷繁元信がプレーイングマネージャーとして監督に就任し、達川光男も中日ドラゴンズの1軍バッテリーコーチに就任した。

何かと因縁のシーズンとなりそうだ。

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です