プロ野球&カープ通算暴投数ランキング!永川勝浩の暴投数率は高い

東京ヤクルトスワローズの新垣渚が、2016年5月17日(火)の対広島東洋カープ@マツダスタジアムで通算100暴投の記録に達した。

現役トップ、そして歴代でも3位となる数字である。

1試合当たりの暴投数率が高い新垣渚

2016年5月17日現在の暴投数ランキングは以下の通り。

順位 名前 暴投数 投球回 1試合当たり暴投数
1位 村田兆治 148 3331.1/3 0.40
2位 石井一久 115 2153.1/3 0.48
3位 新垣渚 100 1071 0.84
4位 前田幸長 84 1577 0.48
5位 工藤公康 81 3336.2/3 0.22
6位 川口和久 79 2410 0.30
7位 槙原寛己 75 2485 0.27
8位 伊良部秀輝 74 1286.1/3 0.52
星野伸之 74 2669.1/3 0.25
10位 佐藤義則 73 2608.2/3 0.25

荒れ球の投手や、縦への変化が大きく三振が取れる投手が多いのかなと思っていたら、前田幸長や星野伸之がランキングされていたのは意外だ。

前田幸長はナックルボールを武器としていたが、それ故に暴投も多くなっているのだろうか?

星野伸之はストレート、カーブが中心でフォークもあったが、球速もなく捕手も止められるような気がするので、やはり意外である。

こうしたネガティブな記録、例えば三振数もそうだが、現役を長く続けているとどうしても数字が増えてしまう。

なので1試合当たりの暴投数を算出して表に入れてみたのだが、やはり新垣渚の数字が突出していることがわかった。

 

1試合当たりの暴投数率が新垣渚より高い永川勝浩

カープでの暴投数ランキングは以下の通りである。

 

順位 名前 暴投数 投球回 1試合当たり暴投数
1位 川口和久 71 2212 0.29
2位 大野豊 58 2231 0.23
3位 永川勝浩 57 560 0.92
4位 大竹寛 50 1268.1/3 0.35
5位 黒田博樹 46 1913 0.22
参考 北別府学 20 3113 0.06
参考 前田健太 18 1509.2/3 0.11

カープのランキングは川口和久が1位だが、永川勝浩の1試合当たりの暴投数は新垣渚を超えている。

一方、参考として表に入れた前田健太や北別府学の暴投数はやはり少ない。

特に北別府学はさすがは精密機械と言われただけあって、暴投数は驚異的な少なさだ。

現役生活が19年だった為、平均すると1年に1個しか暴投を出さなかったことになる。

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.