日本プロスポーツ大賞に選ばれたことがあるカープの選手一覧!

在京マスコミ各社のスポーツ記者の責任者から成る選考委員の投票で、大賞・殊勲賞・特別賞・最高新人賞・功労賞などが決定する日本プロスポーツ大賞。

公益財団法人日本プロスポーツ協会が制定する賞であり、大賞受賞者・団体には、内閣総理大臣杯が贈られる。

カープ関連で過去に受賞した選手は何人いるのだろうか?

カープは団体として二度、個人として過去述べ3人が受賞している日本プロスポーツ大賞!

2016年、25年ぶりにリーグ優勝を果たしたカープは、団体として日本プロスポーツ殊勲賞(NHK賞)を受賞した。

日本一になった北海道日本ハムファイターズも同じく団体で殊勲賞、そして大賞には投打二刀流の活躍で日本球界を盛り上げた大谷翔平が選ばれた。

カープではこれまで何度・何人がこのプロスポーツ大賞に選ばれているのだろうか?

受賞者 備考
1975 広島東洋カープ 大賞 悲願の初優勝
1984 衣笠祥雄 大賞 リーグMVP、日本一
1987 衣笠祥雄 殊勲賞 連続試合出場の世界記録樹立(当時)
2012 野村祐輔 最高新人賞 リーグ新人王
2016 広島東洋カープ 殊勲賞 25年ぶりのリーグ優勝

野球界だけでなく、他のプロスポーツ界も含んだ賞なので、世界的なビックタイトルや偉業を成し遂げた選手・団体がいると、人気スポーツである野球と言えど大賞は受賞できない。

カープが大賞を取ったのは、悲願の初優勝時と、最後に日本一になった時の衣笠祥雄の二回だけ。

次にカープ関連で大賞を取るとしたら、カープが日本一になった時ではないだろうか?

それくらいのインパクトが無ければ、取れない賞であると思うが、それだけのインパクトを残せるチームになってきていると思うので、大いに期待したい!

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です