メジャー1年目で二桁勝利達成は前田健太で7人目!2年連続二桁勝利を達成したのは何人?

ポスティングシステムを利用してロスアンゼルス・ドジャーズに移籍した前田健太。

順調に白星を積み重ね、シーズン10勝目に到達した。

ここまでは期待通りの活躍をしている。

ルーキーイヤーから3年連続二桁勝利を達成した日本人メジャーリーガーはたったの2人!

メジャーリーグでルーキーイヤーから二桁勝利を達成したのは前田健太で7人目。

過去6人の成績と比較してみた。

プロは3年やってナンボと言う言葉もあるので、ルーキーイヤーから3年間の勝敗数を掲載してみた。

名前 1年目 2年目 3年目 備考
野茂
英雄
13勝
6敗
16勝
11敗
14勝
12敗
3年連続で途切れる
石井
一久
14勝
10敗
9勝
7敗
13勝
8敗
松坂
大輔
15勝
12敗
18勝
3敗
4勝
6敗
高橋
尚成
10勝
6敗
4勝
3敗
0勝
3敗
ダルビッシュ
16勝
9敗
13勝
9敗
10勝
7敗
3年連続で途切れる
(トミージョン手術)
田中
将大
13勝
5敗
12勝
7敗
7勝
4敗*
2年連続継続中
前田
健太
10勝
7敗*

*2016年8月5日現在

日本人投手でルーキーイヤーからの連続二桁勝利は野茂英雄とダルビッシュ有の3年連続が最多。

3年やってナンボというが、4年以降継続するのはもっと難しいということだろう。

田中将大と前田健太はどこまで継続できるだろうか?

 

黒田博樹は1年目はローテーションを守りながら9勝と、二桁勝利は達成できなかった。

2年目はケガの影響もあり8勝に留まったが、3年目以降カープに復帰するまでの5年間は連続二桁勝利を上げている。

これが日本人投手の連続二桁勝利の記録である。

連続二桁勝利継続中の田中将大や前田健太には、黒田博樹のこの記録を是非追い越してもらいたい。

二人とも肘に爆弾を抱えているが、ローテーションを守りさえすれば、十分に達成可能な数字だと思う。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください