ポスティングシステム申請者一覧!前田健太はカープで何人目?

前田健太が2年前から球団に訴えたポスティングシステムでのメジャーリーグ移籍、球団も容認し、ポスティングシステムでのメジャー移籍の挑戦が決まった。

寂しい部分もあるが、それ以上にメジャーの舞台で飛躍してもらいたいと思う気持ちが大きい。

日本では味わうことのできなかったビールかけ、アメリカのシャンパンシャワーで味わってもらいたい!

カープからのポスティングは12球団最多!初のポスティングシステムもカープから!!

ポスティングシステムは入札額の変更など紆余曲折した部分もあったが、今ではFAの権利を持たない選手の海外移籍のシステムとして定着している。

前田健太で延べ23人目のポスティングシステム活用者となった。

【ポスティングシステム活用者一覧】

名前 球団 入札額 移籍先
1999 ケサダ 広島 40万1ドル レッズ
1999 ペレス 広島 なし
2000 イチロー オリックス 1312万5000ドル マリナーズ
2001 石井和久 ヤクルト 1126万4055ドル ドジャース
2002 大塚晶則 近鉄 入札なし
2002 ラミーレス 広島 30万50ドル ヤンキース
2003 大塚晶則 中日 30万ドル パドレス
2005 中村紀洋 近鉄 非公表 ドジャース
2005 入来祐作 日本ハム 入札なし
2005 森慎二 西武 100万ドル デビルレイズ
2006 松坂大輔 西武 5111万1111ドル レッドソックス
2006 岩村明憲 ヤクルト 455万ドル デビルレイズ
2006 井川慶 阪神 2600万194ドル ヤンキース
2008 三井浩二 西武 入札なし
2010 岩隈久志 楽天 1910万ドル ⇒ 破断 (アスレチックス)
2010 西岡剛 ロッテ 532万9000ドル ツインズ
2011 青木宣親 ヤクルト 250万ドル ブルワーズ
2011 ダルビッシュ有 日本ハム 5170万3411ドル レンジャーズ
2011 中島裕之 西武 250万ドル ⇒ 破断 (ヤンキース)
2011 真田裕貴 DeNA 入札なし
2013 田中将大 楽天 2000万ドル ヤンキース
2015 バーネット ヤクルト
2015 前田健太 広島

カープはヤクルト、西武と並び12球団最多の4人目のポスティング移籍者となる。

とはいえ、これまでの3人目は外国人であり、実際には初めてのような感覚だ。

ドミニカカープアカデミーで育てて、ポスティングでメジャーの球団へ行く・・・サッカーのビジネスに似た感じだろうか?

とはいえ、ドミニカのカープアカデミーは本当に成功しているのかと言えば、首を捻りたくなる。

カープと同様に4人のポスティング申請を行ったことがある埼玉西武ライオンズは、FA移籍者も多く、外に出たがる選手が多いのは何故だろうか?

 

前田健太、メジャー30球団OKの姿勢を見せている。

ピッチングだけでなくバッティングもみたいので、DH制のないナショナルリーグへ移籍してもらいたいなと個人的には思う。

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください