U21 W杯準優勝、活躍した鈴木誠也と出番の少なかった戸田隆矢

侍ジャパントップチームが日米野球を行っているが、U21(21歳以下)の日本代表はワールドカップを戦っていた。

U21ワールドカップは初開催。

残念ながら初代優勝は逃した。

首位打者&ベストナインと大活躍の鈴木誠也

ライトのレギュラーとして全試合に出場した鈴木誠也。

4番は日本ハムファイターズの近藤健介に譲ったものの、全試合3番or 5番のクリーンアップで出場。

対戦相手 打席 打数 安打 打点 2塁打 3塁打 四球 死球 犠打
オーストラリア 5 4 3 1 1
ベネズエラ 4 3 1 1 1
オランダ 4 4 2 2 1
ニカラグア 3 2 2 2 1 1
チェコ 4 2 1 1 1 2
韓国 4 3 1 1 1
台湾 5 4 1 2 1 1
台湾(決勝) 4 4 0
33 26 11 7 3 4 4 2

打率.500で首位打者獲得。
(決勝戦を入れると打率.423だが、個人表彰に決勝戦の成績は含まれず)

外野手部門でベストナインにも選ばれた。

本塁打こそなかったものの、決勝戦を除く毎試合で長打(2塁打、3塁打)を放っている。

実は中距離ヒッター?

1軍でも結果を残している選手であり、代表チームと言えど21歳以下であれば、苦にせずといったところだろうか?

来年の活躍にとても期待がもてる。

 

何故か登板機会の少なかった戸田隆矢

一方、投手で選出された戸田隆矢。

何故か登板機会が少なくニカラグア戦のみ。

そのニカラグア戦も14-1とほぼ勝負が決した後での登板であり、平田勝男監督はどのように戦力を考えていたのだろうか?

先発・中継ぎ共にこなせるサウスポー、メンバーを見ても何故ニカラグア戦のみの登板だったのか不可解だ。

実力的に考えれば、もっと登板機会があっても良かったはず。

この屈辱な経験を、来年の飛躍の材料としてもらいたい。

 

数年後のカープの投打の柱となる二人、貴重な経験をチームにも伝えてもらいたい。

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください