【月刊:東出輝裕&栗原健太】1軍に入る余地はあるかないか?

カープは借金3ながら首位東京ヤクルトスワローズまで1.5差。

攻撃陣も投手陣も調子が上がっており、先ずは5割を目指す戦いになる。

東出輝裕&栗原健太の立ち位置は?

4月は貧打に泣いたカープだが、気付けば打線は好調な状態になっている。

チームの顔である丸佳浩が調子を上げ、1番に入って打線をけん引しているのが大きい。

ある程度固定メンバーで戦っており、安定した戦いが出来ている。

逆に言えば、2軍で絶好調の選手もなかなか1軍に上がってこれない状況である。

内野手であれば安部友裕、外野手であれば下水流昂が好調である。

6月30日までの成績は以下の通り。

試合 打席 打数 安打 打率 本塁打 打点 四死球 犠打 盗塁 三振
安部友裕 32 129 119 40 .336 0 4 5 5 1 27
下水流昂 55 205 186 52 .280 9 27 17 0 1 33

内野手でアベレージヒッターの安部友裕と、外野手で長打が魅力の下水流昂、タイプの違う二人、どちらも1軍に呼ばれてもおかしくない成績だが呼ばれないのは、それだけ1軍メンバーが充実しているからだろう。

 

このような状況で気になる2人の成績を確認してみたい。

試合 打席 打数 安打 打率 本塁打 打点 四死球 犠打 盗塁 三振
東出輝裕 10 9 9 4 .444 0 3 0 0 0 2
栗原健太 19 32 27 3 .111 0 1 4 0 0 5

数字を見ようにも打席数が少ないので何とも言い難い。

東出輝裕の打率が上がっているが(6月は5打数3安打)、打席数が少なくて、何とも表現しがたい。

打席数が少ないと言えど、栗原健太の数字はとても寂しい。

この数字はウェスタンの公式戦の成績であり、練習試合ではホームランも放っているようだが、それでも寂しい。

https://youtu.be/hyVuifW3TlI?t=4m19s

ケガ・手術をして以降、バッティングの感覚がずれ、そのずれを取り戻せず、本人が一番歯がゆい思いをしているはずだ。

おそらく東出輝裕も同じ気持ちだと思う。

しかし、ファンは待っている・・・再び1軍に上がってくることを!

 

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください