広島東洋カープのシーズン順位の各回数は?最多は5位で最少は2位!

広島東洋カープ、これまで過去9回のリーグ優勝を果たしているが、最多/最小のシーズン順位は各々何位になるのだろうか?

広島東洋カープのシーズン順位で最も多いのは5位で19回、最も少ないのは2位で6回!

プロ野球が2リーグ制になった1950年にプロ野球に参入した広島東洋カープ。

過去のシーズン順位で各々何回その順位になっているかを調べてみた。

最終と言うのは、最後にその順位になった年を示す。

順位 回数 最終
優勝 9回 2018年
2位 6回 1995年
3位 10回 2014年
4位 15回 2019年
5位 19回 2011年
6位 9回 2005年
7位 1回 1951年
8位 1回 1950年

9回の6位の内、1952年は7球団あったので最下位ではない。

1951年は7球団、1950年は8球団であったので、各々最下位。

即ち、最下位は計10回記録している事になる。

最もシーズン順位として多いのは5位の19回。

球団創設時~1975年の初優勝迄の黎明期や平成中盤の暗黒時代もあったので、5位が多いのは頷ける。

トータルで見てもAクラスよりもBクラスのが多い。

だが、最も少ないのが2位と言うのは意外である。

優勝よりも2位のが少ない。

また、カープが最後に2位になったのは1995年の事であり、最も長く期間が空いている順位である。

2位になるより優勝してもらった方がもちろん良いのだが、何だか不思議な感じがする。

 

1950年から2019年まで計70シーズンでのカープのトータル成績は、9,393試合を戦って4,369勝4,678敗346分で勝率.483。

309ある借金を返済して勝率を5割に戻すのはいつになるのだろうか?

私が生きているうちに返済してもらったら、とても嬉しく思う。

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください