プロ野球長期契約ランキング!最長は趙成珉の8年で日本人では松中信彦の7年!

丸佳浩が読売ジャイアンツと5年総額30億円と言われる大型契約で読売ジャイアンツにFA移籍した。

日本プロ野球での長期契約のランキングが気になったので調べてみた。

日本プロ野球長期契約選手ランキング!

メジャーでは10年を超える大型契約をする選手が増えてきたが、さすがに日本ではここまでの長期契約を交わす選手はいない。

最長は、読売ジャイアンツに所属していた趙成珉の8年となっている。

しかし、思ったような成績を残す事はできず、最終年の契約を残したまま自主的に退団している。

23歳と若い時に交わした契約であり、広島東洋カープで6年契約を結んだバティスタ、メヒア、フランスアのように育成しながらと考えていたのかもしれない。

外国人選手枠を除いた日本人登録選手での長期契約ランキングは以下のようになっている。

年数 名前
(球団)
契約年 契約時
年齢
年俸
(円)
7年 松中信彦
(ソフトバンク)
2007~
2013
32 5億+出来高
6年 三浦大輔
(横浜)
2003~
2008
29 2億
5年 清原和博
(読売)
1997~
2002
29 3億6千万
古田敦也
(ヤクルト)
1999~
2003
33 2億+出来高
片岡篤史
(阪神)
2001~
2005
32 2億
井端弘和
(中日)
2008~
2012
33 2億5千万
荒木雅博
(中日)
2008~
2012
31 1億5千万+出来高
森野将彦
(中日)
2008~
2012
30 1億2千万+出来高
鳥谷敬
(阪神)
2015~
2019
33 4億円
陽岱鋼
(読売)
2016~
2020
29 3億円
丸佳浩
(読売)
2019~
2023
29 6億円

赤字:FA(太字はFA移籍)

30歳前後で長期契約を結んでいる選手が多いが、ここから成績が上がるかと言えば、一番脂が乗っている時期に契約が始まるので難しいのかもしれない。

長期契約をして、契約終盤には成績を落とす選手も多い。

また、FAが絡んだ大型契約となる選手も多いが、獲得競争が起これば契約を良くしなければならないので、長期契約かつ高額となってしまうのは仕方ないのかもしれない。

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください