2014年春のセンバツ優勝投手はカープへ入団する運命?

カープには3人の甲子園優勝投手が存在する。

そして今年2014年のセンバツ優勝投手はカープへ入団するかも!?

 

春のセンバツ優勝投手が5年毎に・・・

カープには2009年夏の甲子園を制した堂林翔太、そして春の甲子園を制した福井優也と今村猛がいる。

複数人の甲子園優勝投手がいるのはカープだけ。
甲子園優勝投手の現役プロ野球選手在籍数はカープがNo.1

春のセンバツを制した福井優也は2004年、今村猛は2009年の胴上げ投手だ。

そして今年は2014年、5年おきにセンバツの優勝投手が入団すると考えれば、今年2014年のセンバツ優勝投手はカープに入団するのでは?と言うネタです(^^ゞ

 

1999年のセンバツ優勝校は沖縄尚学

2004年の更に5年前の1999年の優勝校は沖縄尚学。

春夏通じて初めて沖縄県勢が優勝を飾った年である。

エース比嘉公也は現沖縄尚学高校野球部監督。
(決勝戦に登板したのは背番号12の照屋正悟)

そして4番遊撃で主将を務めていたのが、早稲田大学に進学後カープに入団した「比嘉寿光」。

カープファンにはお馴染みの広報「比嘉寿光」である。

投手ではないが、カープとの繋がり有り。

そろそろ話が強引になってきたような(^^ゞ

 

1994年センバツ、智辯和歌山初優勝

さらに5年前の1994年、この年にセンバツを制したのは智辯和歌山。

今では名門校として名を馳せていますが、1994年が甲子園初優勝。

前年の1993年の夏に甲子園初勝利を飾ったばかりで、強豪「智辯和歌山」が産声を上げた時期になります。

しかし、1994年の優勝メンバーからプロ野球選手の輩出はなし。

カープとの関連は赤ベースのユニフォームに「C」マーク。

だんだん苦しくなってきました(^^ゞ

 

1989年エース山田喜久夫で東邦高校優勝

さらに5年前の1989年春は愛知県東邦高校が優勝しています。

決勝戦は東邦対上宮。

元木大介率いる上宮が9回表に1点を勝ち越しリードをしましたが、その裏サード種田仁がセカンドに投げたボールがライト奥まで抜けていく間に2点が入り東邦がサヨナラ勝ちで優勝を果たしました。

)

球史に残る接戦を制した優勝投手は山田喜久夫。

高校卒業後、地元中日ドラゴンズに入団しましたが、現役最終年となった1999年にはカープに在籍。

 

カープルール
Amazonで購入
楽天市場で購入
7netで購入
Yahooショッピングで購入

 

強引なところもありますが、5年毎にセンバツ優勝投手はカープに縁があったりします。

今年のセンバツからも目が離せません!!

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください