広島東洋カープ過去10連勝以上したのは計6度、そのシーズンの最終順位とは?

プロ野球において大型連勝・大型連敗はそれほど頻繁に起こるものではない。

10連勝以上となると、かなりの勢いや運も味方しないと起こらないだろう。

1950年に球団創設の広島東洋カープ、長い歴史の中で10連勝以上を記録したのは過去に6度しかない。

カープが10連勝以上を記録した時のシーズン成績は?

カープが10連勝以上を記録したのは以下6度。

期間 連勝数 シーズン順位
1971 5月13日~5月26日 10連勝(引き分け挟む) 4位
1984 4月8日~4月24日 12連勝 優勝・日本一
1989 4月17日~4月29日 10連勝 2位
1994 8月21日~9月2日 10連勝 3位
2016 6月14日~6月29日 11連勝 優勝
2017 4月1日~4月14日 10連勝(引き分け挟む) 優勝

長いペナントレース、10連勝以上している年は全て優勝!と言う訳にはいかない。

1971年当時、カープは未だ優勝経験がなく、ジャイアンツV9の真っ只中であった。

結果的に4位とBクラス。

1989年は開幕スタートダッシュに成功するも、結果的にジャイアンツに独走を許しての2位、1994年は終盤に追い上げを見せたが、Aクラス3位という結果に終わっている。

それでも、11連勝以上している年は優勝確率100%である。

そして、12連勝以上すれば日本一!

だが、カープは過去7度優勝しているが、この表で分かる通り、10連勝以上しなくても優勝したケースのが多いのである。

負けないチームが強いとはよく言うが、大型連勝する事よりも連敗しない事の方がが重要なのである。

 

と色々と過去6度しかない少ないデータで書いてみたが、ファンにとっては連勝中ほど楽しい事はない。

どんどん連勝街道を突っ走って行ってもらいたい!

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です