プロ野球シーズン補殺数ランキング!失策数も少ない菊池涼介が上位を独占!

日本プロ野球界一の守備力を誇る菊池涼介。

毎年500以上の補殺数を記録しており、シーズン補殺数ランキングの上位を独占している。

(2018年に源田壮亮が3位にランクイン!)

プロ野球シーズン補殺数ランキングトップ10!

菊池涼介=守備力No.1であり、菊池涼介=補殺のイメージが強い。

シーズン補殺ランキングを見ても、菊池涼介が上位を独占しているのだ。

順位 補殺数 名前 ポジション 失策数 守備率 備考
1位 544 菊池涼介 2013 二塁手 18 .980 遊撃手で16補殺
2位 535 菊池涼介 2014 二塁手 12 .987
3位 526 源田壮亮 2018 遊撃手 11 .986
4位 525 菊池涼介 2016 二塁手 4 .995
5位 522 坂本文次郎 1955 三塁手 28 .958
6位 502 杉浦清 1948 遊撃手 45 .945
7位 501 鈴木武 1954 遊撃手 44 .942
7位 498 小池兼司 1964 遊撃手 36 .956
9位 496 千葉茂 1949 二塁手 18 .979 三塁手で1補殺
荒木雅博 2005 二塁手 7 .992

菊池涼介と2005年の荒木雅博、2018年の源田壮亮以外はプロ野球創世期の選手が多い。

また、創世期の選手はとても失策が多いこともわかる。

菊池涼介は、2013年は18失策を記録しているが、その後は2014年12失策、2015年10失策、2016年4失策と数字を減らし、確実性を増している。

目指せシーズン失策数「0」で守備率10割!

失策数が少なく補殺数が多い菊池涼介は、プロ野球史上最高の内野手と言えるのだ。

2015年だけランキングに入っていないが、この年は膝の影響もあり484補殺となっている。

野球界のタラレバはNGだが、体さえ万全であれば2015年も500補殺以上を記録してことだろう。

引退するまでにトップ10を菊池涼介の名前で埋めてほしいと思う。

(2017年以降、菊池涼介の補殺数は減少気味。)

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください