日本人メジャーリーガー通算本塁打数ランキング!15人が記録!

2016年4月6日。

前田健太が初登板を6回無失点に抑え、見事に勝利投手となると共に、ホームランまで放つ衝撃的なデビューを果たした。

これまでメジャーでホームランを放った日本人選手は何人いるのかが気になったので、日本人メジャーリーガーホームラン数ランキングを調べてみた。

日本人メジャーリーガーホームラン数ランキング、1位はやはり松井秀喜!

前田健太がメジャーで放ったホームランは、15人目の快挙。

これまで多くの選手が海を渡ったが、ホームランを放った選手は15人しかいないのだ。

順位 名前 ホームラン数
1位 松井秀喜 175本
2位 イチロー 113本
3位 城島健司 48本
4位 井口資仁 44本
5位 福留孝介 42本
6位 松井稼頭央 32本
7位 青木宣親 24本
8位 新庄剛志 20本
9位 田口壮 19本
10位 岩村明憲 16本
11位 野茂英雄 4本
12位 吉井理人 1本
石井一久
川崎宗則
前田健太

日本人の長距離打者でメジャーで活躍したのは松井秀喜くらいだろう。

その松井秀喜もメジャーの中では中距離打者と言った方が良いかもしれない。

また、野手でメジャーに渡りながら、メジャーで本塁打を放つことが出来なかった選手もいる。

そして、その中にはメジャーでほとんど打席に立てなかった選手もいる。

一方、投手であるからこそ打席に入る掴むチャンスをものにして、本塁打を記録した選手もいる。

 

投手で最も本塁打を放っているのは野茂英雄の4本。

バッティングに定評がある前田健太、先ずは8年契約をしているので、2年に1本ホームランを放てば野茂英雄の記録に並ぶ。

そして、その後も契約を継続すれば、野茂英雄の記録を超すことも十分可能だ。

しかしながら対戦相手も前田健太の打撃力を目の当たりにしたはずで、これからは野手並みの配球で組み立ててくる可能性もある。

前田健太の投球はもちろん、バッティングからも目が離せない。

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です