日本人でメジャーリーグのMVP、新人王を獲得した事がある選手一覧!

1964年に村上雅則が日本人で初めてメジャーリーガーとなって以降、多くの日本人選手が海を渡った。

その多くは日本でMVPを獲得するなど日本を代表する超一流選手であるが、野球の本場アメリカでMVPや新人王を獲得した選手は何人いるのだろうか?

メジャーリーグでMVPを獲得したことがある日本人はイチローと大谷翔平の2人!

メジャーリーグでMVPを獲得した事がある選手について調べてみた結果、該当選手は2人。

1人目はイチロー!

その年(2001年)の成績は打率.350、本塁打8本、打点69、盗塁56であり、首位打者と盗塁王を獲得し、新人王にも輝いている。

2001年は在籍していたシアトル・マリナーズは地区優勝を果たし、リーグチャンピオンシップシリーズまで駒を進めたが、残念ながらニューヨーク・ヤンキースに破れてしまった。

2021年投打二刀流の大谷翔平もMVPを満票で受賞。

投手としての成績は9勝2敗で防御率3.18、野手としての成績は打率.257、本塁打46本、OPS.965、打点100、盗塁26であった。

満票と言うのが凄すぎる!

メジャーリーグで新人王を獲得したことがある日本人はこれまで計4人!

2001年、MVPと共に新人王にも選ばれたイチロー。

メジャーリーグで新人王に輝いた日本人は、イチローの以前に先発投手の野茂英雄とクローザーの佐々木主浩がいる。

名前 チーム 登板数 勝利数 敗北数 セーブ 防御率
1995 野茂英雄 ドジャース 28 13 6 0 2.54
2000 佐々木主浩 マリナーズ 63 2 5 37 3.16

野茂英雄の登板数28は全て先発であり、佐々木主浩の登板は全てリリーフ。

この2人に加えて安打製造機のイチロー、そして投打二刀流であり先発投手&ホームランバッター、そして盗塁も記録する大谷翔平が2018年に4人目の日本人メジャーリーガーの新人王を受賞している。

名前 チーム 登板数 勝利数 敗北数 セーブ数 防御率
2018 大谷翔平 エンジェルス 10 4 2 0 2.52
名前 チーム 試合 打率 本塁打 打点 盗塁
2018 大谷翔平 エンジェルス 114 .285 22 61 10

イチローと大谷翔平は新人王とMVPを獲得している。

今後も、2人のような活躍をする日本人メジャーリーガーが出てくることを期待したい!

関連記事:


「日本人でメジャーリーグのMVP、新人王を獲得した事がある選手一覧!」への1件のフィードバック

  1. 月間MVPは、まあ分からない事は無いが、週間MVPは全く意味が分からない、無くすべきだと思う! 一週間だけ良いなんて意味がない、それは月間に組み込むべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください