プロ野球新人デビューからの連続試合安打記録ランキング!

北海道日本ハムファイターズのゴールデンルーキー清宮幸太郎。

オープン戦期間中に限局性腹膜炎を患い開幕1軍は逃したものの、5月2日に1軍登録即スタメン起用されて以降、新人デビューでの連続試合安打の記録を更新した。

プロ野球新人デビューからの連続試合安打記録を7試合に更新した清宮幸太郎!

高卒新人で活躍する選手はどちらかと言えば野手よりも投手の方が多い。

自分のペースで投げられる投手と比較して、相手に合わせなくてはならない野手(打者)はどうしても慣れるまでに時間がかかるからだと思う。

なので、野手で新人から1軍で活躍しづ付けるのは難しく、これまでのデビューからの連続試合安打の記録は6試合連続が最多であった。

順位 記録 名前 球団
1位 7試合 清宮幸太郎 北海道日本ハムファイターズ 2018
2位 6試合 原辰徳 読売ジャイアンツ 1981
佐藤友亮 西武ライオンズ 2001
吉田正尚 オリックスバファローズ 2016

6試合連続安打の記録を持っている選手たちは全て大卒。

また、15年~20年の間に1人の間隔で出ていた記録を高卒の清宮幸太郎が抜いてしまった。

7試合連続安打はプロ入り初本塁打で決めた清宮幸太郎、やはりタダモノではない。

高卒の記録に目を向けてみると、これまでは3試合連続が最多であった。

順位 記録 名前 球団
1位 7試合 清宮幸太郎 北海道日本ハムファイターズ 2018
2位 3試合 赤田将吾 西武ライオンズ 1999
淺間大基 北海道日本ハムファイターズ 2015

高卒の記録に関して言えば、清宮幸太郎は倍以上の数字となっていて、今後簡単には破られない記録と言えるだろう。

今後、数多くの記録をプロ野球界で作っていくと思われる清宮幸太郎。

新人デビューからの連続試合安打のそれらの記録のプロローグに過ぎないはずだ。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください