目指せ脱力投法、大瀬良大地!前田健太や杉内俊哉が参考だ!!

大瀬良大地が脱力投法の取得を目指しているようだ。

データを見つめ直し、とてもクレバーな選手だと感じる。

 

卒論で気付いたスピードよりキレ重視

九州共立大学を今春卒業のルーキー大瀬良大地。

卒業論文で自身の投球を振り返った際、150km超のストレートよりも140km中盤のストレートの方が被打率が低かったそうだ。

野球はスピードを競うスポーツではなく、相手よりも点を多く取った方が勝ち。

投手の役割は相手を抑えること。

実力もさる事ながらデータを見直しとてもクレーバーな印象を受けた。

勝てる投手になる雰囲気を持っている。

 

脱力投法の先輩達

千葉ロッテの成瀬善久はストレートの平均球速が120km代で相手打者を手玉に取る。

中日ドラゴンズの山本昌広は133kmがでなくなったら引退すると語っているが、133km出れば勝負が出来ると言う事であろう。

そしてオリックスブルーウェーブを中心に活躍した星野伸之は捕手の中島聡に素手でストレートを取られた武勇伝がある(*_*;

それでも通算176勝を上げた大投手!!

 

これらの選手はどちらかと言えば軟投派。

ストレートの球速を持っている投手が力まずに打者の手元で伸びのあるボールを投げれれば鬼に金棒!

その代表格は読売ジャイアンツの杉内俊哉であろう。
(最近では軟投派のイメージか?)

どう見ても軽く投げているようにしか見えない。

それがストレートのキレを呼び、打者もフォームとボールが一致せずにタイミングが取りにくい。

 

そして前田健太。

2010年4月8日対東京ヤクルトスワローズの田中浩康を三振に取った時のストレートで何かを掴んだのは有名な話。

力みのないフォームからリリースの瞬間だけに力を入れる、0 ⇒ 100に力を伝える脱力投法だ。

 

現役沢村賞投手が語る投球の神髄ピッチング・バイブル超投球術 (B・B MOOK 811 スポーツシリーズ NO. 681)
Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahooショッピングで購入
7netで購入

 

スポーツで力を抜くことの難しさ

スポーツを経験している人であれば、力を抜いた方が実力が発揮できることは知っているだろう。

そして、力を抜く事がどれだけ難しいかも知っているだろう。

それが出来るのがプロの世界で、実力と共に精神力も必要な要素。

プレーだけでなくインタビューでの大瀬良大地の立ち振る舞いを見ていると、脱力投法も手に入れて大投手へと成長していくのがイメージできる(^^)v

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください