プロ野球各球団のシーズン最多ホールドポイント保持者は誰でその記録とは?

近代野球は投手の分業制が確立され、クローザーだけでなく、7・8回を投げる強固なセットアッパーがいるチームが強い。

中継ぎの重要度も年々増しており、中継ぎの成績の指標であるホールド数にも注目が集まるようになっている。

カープのシーズン最多ホールドポイントは !

各球団の最多ホールド保持者とその数字は以下の通りになる。

セントラルリーグ
球団名 選手名 セーブ数
(年)
中日
ドラゴンズ
浅尾拓也 59
(2010)
阪神
タイガース
久保田智之 55
(2007)
読売
ジャイアンツ
マシソン 49
(2016)
広島東洋
カープ
ジャクソン 42
(2016)
東京ヤクルト
スワローズ
ルーキ 39
(2016) 
横浜DeNA
ベイスターズ
川村丈夫 36
(2005)
パシフィックリーグ
球団名 選手名 セーブ数(年)
北海道日本ハム
ファイターズ
増井浩俊 50
(2012)
オリックス
バファローズ
平野佳寿 49
(2011)
福岡ソフトバンク
ホークス
五十嵐亮太 44
(2014)
千葉ロッテ
マリーンズ
益田直也 43
(2012)
埼玉西武
ライオンズ
増田達至 42
(2015)
東北楽天
ゴールデンイーグルス
青山浩二 35
(2015)

*赤字はリーグ優勝

連盟の表彰対象である最優秀中継ぎ投手賞はホールド数+救援勝利のホールドポイントとなっているので、各球団のシーズン最多ホールドポイントを表にしてみた。

ホールドは2005年から採用になっているが、多くの球団がここ2~3年で球団記録を塗り替えている。

それだけ、年々7・8回に占めるウェイトが増しているという事だろう。

カープにとっては長年泣き所であったイニングであるが、2016年はジャクソンが勝ち試合の8回を務め、見事にリーグ優勝を果たし、球団記録を塗り替えた。

各チーム、優勝する為に7,8回を任せられる投手の存在が必要だ。

 

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください