三次市出身のプロ野球選手一覧!野球殿堂入りや三次市スポーツ栄誉賞を受賞している選手とは?

2009年3月に竣工された三次きんさいスタジアム(みよし運動公園野球場)。

同年6月17日、プロ野球セ・パ交流戦・広島東洋カープ対東北楽天ゴールデンイーグルス戦が行われ、その後、ほぼ毎年カープ戦が行われている。

全面人工芝、両翼100m、中堅122mというプロ野球に対応できる設備があることはもちろんだが、三次市が多くのプロ野球選手を輩出している野球どころというのも影響しているだろう。

三次市が輩出したプロ野球選手はこれまで12人!

地方球場でのプロ野球開催は、その地元がスポンサーなどを付けて誘致することで実現する。

三次市は同じ広島県内でありながら、地域性であったり、野球熱があついことからカープ球団としても、公式戦開催のOKを出しているのだと思う。

野球熱は、輩出しているプロ野球選手の数からも伺える。

名前 出身
高校
現役年 球団 備考
岩本
義行
広陵 1940-1942
1941-1951
1952-1953
1956-1957
南海
大陽松竹
大洋洋松
東映
野球殿堂入り
(1981年)
岩本
信一
広陵 1947-1949
1950
南海
大洋
松竹
門前
眞佐人
広陵 1936-1944
1948
1949
1950-1951
1952-1956
大阪阪神
金星
大阪
大洋
広島
渡辺
信義
日彰館 1951-1955 広島

伸次
広陵 1981-1993
1994-1995
広島
横浜
二岡
智宏
広陵 1999-2008
2009-2013
読売
日本ハム
三次市スポーツ栄誉賞
(2004年)
福原
広陵 1999-2016 阪神
永川
勝浩
新庄 2003-2019 広島

英心
三次 2006-2017 広島
田中
大輔
如水館 2007-2014
2015-2016
中日
オリックス
大田
泰示
東海大
相模
2009-2016
2017-
読売
日本ハム
永川
光浩
三次 2010-2014 広島
坂本
光士郎
如水館 2019 ヤクルト

13人ものプロ野球選手を輩出している。

広島市にある広陵高校出身の選手が多い。

二岡智弘と福原忍は広陵高校の同級生である。

また、永川勝浩と梵英心は三次少年野球クラブに所属していた幼なじみ。

少年野球時代はピッチャー永川勝浩、キャッチャー梵英心でバッテリーを組んでいた間柄。

ライバル関係から切磋琢磨して技術を磨いていく土地柄なのかなと感じる。

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください