助っ人外国人通算本塁打数記録ランキング!バースは15位!

2016年のプロ野球界、東京ヤクルトスワローズのウラディミール・バレンティンと、オリックスバファローズのトニ・エンリケ・ブランコの両助っ人外国人が日本通算200本塁打を目指す年となる。

助っ人外国人本塁打数ランキング!200本超は過去15人!

バレンティンは年間本塁打数の日本記録60を持っている選手である。

しかし、昨年は優勝した東京ヤクルトスワローズの中で左ひざの手術の影響や肉離れもあり、蚊帳の外であった。

ブランコも優勝を期待されたチームの主軸として期待されたが、こちらもケガの影響で満足いくシーズンを送ることができなかった。

バレンティンはあと46本、ブランコはあと22本で日本通算200本塁打となるが、チームの優勝はもちろん、ともに契約最終年となるために、個人の契約を考えても勝負の年となる。

日本通算200本塁打というが、助っ人外国人で200本塁打を達成した選手は何人いるのだろうか?

順位 名前 球団 日本在籍 本塁打数
1位 タフィ・ローズ 近鉄-読売-オリックス 13年 464
2位 アレックス・ラミレス ヤクルト-読売-DeNA 13年 380
3位 アレックス・カブレラ 西武-オリックス 12年 357
4位 レロン・リー ロッテ 11年 283
5位 ブーマー・ウェルズ 阪急・オリックス-ダイエー 10年 277
6位 レオン・リー ロッテ-大洋-ヤクルト 10年 268
7位 ラルフ・ブライアント 近鉄 8年 259
8位 クラレンス・ジョーンズ 南海-近鉄 8年 246
9位 タイロン・ウッズ 横浜-中日 6年 240
10位 ロベルト・ペタジーニ ヤクルト-読売 7年 233
11位 ボビー・マルカーノ 阪急-ヤクルト 11年 232
12位 ジョン・シピン 大洋-読売 9年 218
13位 ホセ・フェルナンデス ロッテ-西武-楽天-オリックス
-西武-楽天-オリックス
11年 206
14位 ジョージ・アルトマン ロッテ-阪神 8年 205
15位 ランディ・バース 阪神 6年 202

200本塁打以上を放つには、それだけ長く日本球界に在籍していなくてはならない。

外国人助っ人は、成績が少しでも悪いと解雇となるケースもあるので、長く契約することが本塁打記録に繋がっている側面もある。

(本塁打を多く放っているから契約が続くとも言える。)

ここに上げた多くの選手が複数球団に在籍しており、これは外国人特有の契約社会も影響しているのかなと思う。

 

 

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください