2015年セントラルリーグ投手打撃成績。9番目の野手の攻撃力!

前田健太のポスティングでのメジャーリーグ移籍が注目を集めている。

アメリカンリーグへの移籍となればDH制となるが、ナショナルリーグへの移籍となれば、これまでと同じように打席に立つことになる。

DH制がなければ、投手も9人目の野手となり打撃力が求められる。

投手成績が良い選手は打撃力も有り⁉

日本ではセントラルリーグはDH制を採用しておらず、投手も9人目の野手としてバッターボックスに立つ。

一つのアウトを簡単に与えるのか、それとも自分やチームを助けるバッティングができるのか?

投手の打撃力はチームにも、そして投手個人にも大きな影響を与える。

では、実際に2015年セントラルリーグの投手打撃成績はどうだったのか?

投手の打率・本塁打・打点の3部門について調べてみた(打率は規定投球回数達成者のみ)。

【打率】

順位 名前 チーム 打率
1位 前田健太 広島東洋カープ .194
2位 石川雅規 東京ヤクルトスワローズ .184
3位 ジョンソン 広島東洋カープ .150

【本塁打】

順位 名前 チーム 本塁打数
1位 前田健太 広島東洋カープ 1本
1位 小川泰弘 東京ヤクルトスワローズ 1本
1位 館山昌平 東京ヤクルトスワローズ 1本
1位 ネイラー 中日ドラゴンズ 1本

【打点】

順位 名前 チーム 打点数
1位 藤浪晋太郎 阪神タイガーズ 6打点
2位 前田健太 広島東洋カープ 5打点
3位 小川泰弘 東京ヤクルトスワローズ 4打点

前田健太は惜しくも投手打撃成績三冠を逃した。

それでも打てない捕手よりも打っている感じだ。

野村克也が藤浪晋太郎の打撃力を評価し、「8番藤浪晋太郎、9番藤井彰人でも良いのでは?」と解説していたことがあったが、前田健太にも言える事だろう。

 

投手の個人打撃成績を見ると前田健太が圧倒している。

さすがはPL学園の4番ピッチャーだけあったことはある。

しかし投手の打撃三冠を見ると、優勝した東京ヤクルトスワローズの選手が多くランクインしている。

投手の打撃力、これもチームが優勝するための一つの要因であると言えよう。

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください