前回優勝時1991年の川口和久以来!クリス・ジョンソンが12勝目

安定感抜群の超優良助っ人外国人サウスポー、クリス・ジョンソンが12勝目を上げた。

カープのサウスポーが12勝を上げるのは、前回優勝時の川口和久以来24年ぶり。

サウスポー問題は解消されるのか?

2011年~2014年までカープに在籍していたブライアン・バリントン、ローテーションをしっかりと守り、4年間で計40勝を上げた優良外国人投手であった。

昨オフ、そのバリントンとの契約を延長せず、クリス・ジョンソンを獲得した時には、博打感もあったが、蓋を開けてみれば大成功。

これも安心のシュール便(駐米スカウトのシュールストロムが連れてきた選手)だからだろうか?

クリス・ジョンソンはあと3度の登板が予想されている。

勝利数をどこまで伸ばせるか?

15勝まで達してもらいたい。

 

カープのサウスポーが12勝するのは、前回優勝時の1991年以来であり、とても喜ばしいことであるが、川口和久は読売ジャイアンツに1994年オフに移籍、大野豊が1998年をもって引退して以降、カープではサウスポー問題が起こっている。

1991年の川口和久が12勝を上げて以降は、2001年に高橋健が10勝、2004年にジョン・ベイルが11勝を上げた以外は、2ケタ勝利を達成したサウスポーがいないのだ。

カープは育成が上手いと言われるが、サウスポーを育てることは全くできていない。

助っ人外国人で弱点を補強するのは良いが、自前で育てないと常勝チームを作ることはできないだろう。

 

クリス・ジョンソンの活躍はとても嬉しいが、彼が活躍すればするほど、篠田純平や中村恭平の存在が気になってしまう。

彼ら2人のうち1人がローテーションに入っていたら、チームは違う骨格となっているはずだ。

篠田純平や中村恭平、戸田隆矢に負けていてはいけない。

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください