6連勝は全て先発投手に白星!黒田博樹復帰後のローテションは?

カープは5月4日から6連勝中。

ゴールデンウィーク、鯉のぼりが揺れる子どもの日を挟んで勢いが加速している。

 

安定感十分の先発投手陣

4月は投高打低で勝ちきれない試合が多かったカープ。

5月になり打線が活発となり、連勝街道驀進中。

しかし、この連勝を支えているのはやはり投手陣だ。

特に先発投手陣の充実ぶりは素晴らしい!

この6連勝中、全ての投手がクオリティスタートを達成し、先発投手に白星が付いている。

日にち 対戦相手 球場 先発投手 ⇒成績
5/4(月) 読売 マツダ 大瀬良大地 9回2失点(自責点1)
5/5(火) 前田健太 7回無失点
5/6(水) 野村祐輔 7回1失点
5/8(金) 阪神 甲子園 戸田隆矢 6回2失点
5/9(土) ジョンソン 7回無失点
5/10(日) 福井優也 7回1失点

黒田博樹がケガで離脱した穴を埋めたのが戸田隆矢。

ウェスタンで6勝0敗、防御率1.66という圧倒的な数字を残して1軍に昇格し、見事に結果をを残した。

キャンプの段階から先発の一角を期待されていた投手なので、ファン以上に首脳陣が喜んでいるかもしれない。

戸田隆矢の好投にローテーション6枚目の福井優也も刺激されたことだろう。

 

黒田博樹は15(金)に先発復帰が濃厚と言われている。

となると、先発投手が7人となり1人余ってしまう。

顔ぶれを見ると、戸田隆矢を中継ぎにするのが良いののではないかと思う。

昨年も経験したポジションであり、これらの投手で一番リリーバーとしての適性がある。

もちろん先発投手としての烙印を押されたわけではなく、良い意味での適性だ。

サウスポーのリリーバーはザガースキー1枚なので、もう一人頼れるサウスポーのリリーバーが増えれば厚みが増す。

ザガースキーは安定しているが、外国人枠の関係で2軍に行かざるを得ない場合もあるので、リリーバー戸田隆矢の存在はとても大きくなる。

 

数年前には考えられない嬉しい悩み、優勝する為の投手力があると言えるだろう!

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください