堂林翔太二打席連続本塁打、センターから右に打てるのが魅力

2014年9月13日(土)対阪神タイガース@甲子園球場。

堂林翔太が右中間、センターバックスクリーンと2打席連続ホームラン。

堂林翔太のその長打力は魅力だ。

 

センターから右方向に長打が打てる選手は貴重

堂林翔太はやはり爽やかな姿が良く似合う。

昨日のホームランを動画にて。

一本目は右中間スタンドへ。

2本目はセンターバックスクリーン!!

 

堂林翔太の甲子園での右中間スタンドへのホームランと言えば、2009年選手権大会決勝戦での先制ホームランを思い出す。

ネクストバッティングサークルに見える背番号2は現広島東洋カープの背番号61、磯村嘉孝。

そしてプロ入り初ホームランも甲子園バックスクリーンへ放り込んでいる。

堂林翔太、甲子園で打つ当たりは野球の申し子なのだろう。

そしてセンターから右方向に打てる右打者は日本プロ野球界でも貴重であり、今のカープには存在しない。

球界全体を見渡しても、1球団に1人いるかどうかだと思う。

ジャイアンツ:村田修一、長野久義
タイガース:?
ベイスターズ:?
ドラゴンズ:平田良介
スワローズ:山田哲人
ホークス:松田宣浩
バッファローズ:?
ファイターズ:中田翔
マリーンズ:?
ライオンズ:中村剛也、浅村栄斗

 

カープ入団時に山本浩二が野村謙二郎に、「あの右手の使い方は天性のものだ」と話したらしい。

ミスターカープも惚れ惚れとするバッティングセンスを持っているのだ。

エラーをしたり打撃成績を見ると何故堂林翔太を使う?と批判めいたことを言うファンもいるが、これだけ遠くに、しかも右方向に飛ばせる選手であるからこそ、首脳陣も起用したくなるだろうし、期待もしてしまう。

入団5年目の選手、まだまだ伸びしろは豊富。

球界を代表するスラッガーに成長していってもらいたい!!

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください