先発ローテーション残る1枚のサバイバル!!今井x福井x九里x戸田

キャンプ初の紅白戦は九里亜蓮と戸田隆矢が先発し、結果が残せなかった。

2度目の紅白戦となった昨日は、今井啓介と福井優也が先発して結果を残した。

先発ローテーションは6枚?5枚+α?

この2日間で先発した投手の結果をまとめてみた。

名前 投球回 被安打 与四死球 奪三振 自責点
今井啓介 2 1 0 0 0
福井優也 2 0 0 1 0
九里亜蓮 2 4 1 1 2
戸田隆矢 2 4 1 1 3

結果がキレイに二分された。

この表は年齢順に並べているが、年齢が上の選手のが結果を残している。

危機感が違うのだろうか?

首脳陣がどのように評価するかわからないが、結果をみると今井啓介と福井優也が一歩リードしたのは間違いない。

 

監督緒方孝市が、先発1枠を争ってほしいと発言していた。

先発1枠?

先発ローテーション当確は、前田健太、黒田博樹、大瀬良大地、

次ぐのがクリス・ジョンソン、野村祐輔?

先発6枚で以上の5人に次ぐ残り1枠?

もしくはクリス・ジョンソンまで4人が決まっていて、野村祐輔を含めて5枚目の戦い?

おそらく野村祐輔までがほぼ決まっていて、6枚目を巡る戦いだと思う。

ただし、日程や前田健太や黒田博樹は中5日で回れることを考えれば、6枚目の先発の登板数は多くはないだろう。

 

毎年この時期は、ローテーションやスタメンなど希望しかない。

今年ももちろん希望ばかりだが、メンバーをみると例年以上に現実が見えている希望である。

10年、15年前は希望を持ちつつも、頭の中で大丈夫かいな?と思っていたこともある。

それだけチームの力が底上げされているということだろう。

開幕まであと1ヶ月半、希望がますます大きくなるか?それとも現実を見てあれっと思うか?

今年はおそらく希望しかないでしょう。

開幕が待ち遠しい。。。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください