野村祐輔がフォークボール習得中?目指すは北別府学では?

野村祐輔がフォークボールを習得中らしい。

野村祐輔にフォークボールは必要だろうか?

野村祐輔の歩む道

キャンプはシーズンに向けて色々なことに取り組める時期である。

投手であれば、新しい変化球に習得中と言う話題が良く出る。

今年は野村祐輔がフォークボールを習得中と言うニュースを聞いた。

野村祐輔にフォークボールが必要だろうか?

元来、三振をバッタバッタと取るのが持ち味ではなく、制球力を重視して打たせて取る投手。

ホームベースの四隅+ボール一つ二つボールのゾーンも使って打ち取るタイプ。

今でもチェンジアップを操っており、そこにフォークボールを加える必要があるのだろうか?

 

野村祐輔の目指すところは北別府学の投球術。

北別府学の持ち球は、ストレート、シュート、スライダー、カーブでフォークボールは持っていなかった。

チェンジアップも投げていない。

しかし、制球力と投球術で名球会入りまで果たした大投手。

球種を増やすのもいいが、今の持ち球の精度を上げることのが重要ではないだろうか?

もちろんストレートのキレを増すことは必須。

投球術も捕手と共に磨いていってほしい。

 

器用な投手なので、フォークボールも操れるようになるだろう。

昨年はシュートの習得に励んだが、入団3年目で最低の成績となった。

原因がどこにあるかの解析は終わっているだろうが、シュートを自分のものにしていくのか?それともフォークボールを新たに手に入れるのかに注目だ。

 

前田健太、黒田博樹、大瀬良大地の3本柱と言われる今シーズン、野村祐輔の名前がないのは本人も悔しいことだろう。

そんな悔しさもあってか、自主トレ期間中に6kgの減量に成功したという。

体重を落とすのではなく絞ることを意識したようで、今年に賭ける意気込みが伝わってくる。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください