選抜高校野球における21世紀枠の勝率を見ると実力差は明らか

選抜高校野球は21世紀になって、その名の通り「21世紀枠」が新設された。

これまでの勝率などから、21世紀枠について考察してみたい。

21世紀枠の初戦突破率と勝率は?

21世紀になって、選抜の選考方法が変わった。

21世紀枠以外にも、「明治神宮大会枠」や「希望枠」があるが、これらは次点(補欠校)が繰り上げで出場する感じであり、21世紀枠とは立ち位置が異なる。

*21世紀枠:秋の神宮大会で優勝したチームの地区の出場校が1校増える
*希望枠:21世紀枠を得た地区以外の次点校で、守備率の良いチームを選出(2008年までで廃止)

21位世紀枠は地区大会で上位まで進出していない学校もあり、選抜甲子園での成績が気になったので、調べてみた。

(2017年3月24日加筆)

学校 都道府県 結果 勝敗
2001年 安積 福島 初戦敗退 0勝1敗
宜野座 沖縄 ベスト4 3勝1敗
2002年 鵡川 北海道 2回戦進出 1勝1敗
松江北 島根 初戦敗退 0勝1敗
2003年 柏崎 新潟 初戦敗退 0勝1敗
隠岐 島根 初戦敗退 0勝1敗
2004年 一関一 岩手 初戦敗退 0勝1敗
八幡浜 愛媛 初戦敗退 0勝1敗
2005年  一迫商 宮城 2回戦進出 1勝1敗
 高松 香川 初戦敗退 0勝1敗
2006年  真岡工 栃木 初戦敗退 0勝1敗
金沢桜丘 石川 初戦敗退 0勝1敗
2007年 都留 山梨 初戦敗退 0勝1敗
 都城泉ヶ丘 宮崎 2回戦進出 1勝1敗
 2008年 安房 千葉 2回戦進出 1勝1敗
成章 愛知 2回戦進出 1勝1敗
華陵 山口 3回戦進出 1勝1敗
 2009年 利府 宮城 ベスト4 3勝1敗
彦根東 滋賀 初戦敗退 0勝1敗
大分上野丘 大分 初戦敗退 0勝1敗
 2010年 山形中央 山形 初戦敗退 0勝1敗
向陽 和歌山 2回戦進出 1勝1敗
 川島 徳島 初戦敗退 0勝1敗
2011年 大館鳳鳴 秋田 初戦敗退 0勝1敗
佐渡 新潟 初戦敗退 0勝1敗
城南 徳島 2回戦進出 1勝1敗
2012年 女満別 北海道 初戦敗退 0勝1敗
石巻工 宮城 初戦敗退 0勝1敗
洲本 兵庫 初戦敗退 0勝1敗
 2013年 遠軽 北海道 2回戦進出 1勝1敗
いわき海星  福島 初戦敗退 0勝1敗
 益田翔陽 島根 初戦敗退 0勝1敗
土佐 高知 初戦敗退 0勝1敗
2014年 小山台 東京 初戦敗退 0勝1敗
海南 和歌山 初戦敗退 0勝1敗
大島 鹿児島 初戦敗退 0勝1敗
2015年 桐蔭 和歌山 初戦敗退 0勝1敗
松山東 愛媛 2回戦進出 1勝1敗
豊橋工業 愛知 初戦敗退 0勝1敗
2016年 釜石 岩手 2回戦進出 1勝1敗
小豆島 香川 初戦敗退 0勝1敗
長田 兵庫 初戦敗退 0勝1敗
2017年 多治見 岐阜 初戦敗退 0勝1敗
中村 高知 初戦敗退 0勝1敗
不来方 岩手 初戦敗退 0勝1敗

2013年に遠軽が勝って以降、2015年の松山東が初戦突破するまで、7連敗を喫した。

その遠軽が勝利したのは同じ21世紀枠のいわき海星であるので、21世紀枠以外の出場校との対戦は11連敗でストップ。

(2016年の釜石の1勝も、同じ21世紀枠の小豆島から上げたもの。)

これまで45校が出場して、初戦突破したのが13校で初戦突破率は、.289。

2勝以上した学校は2校しかない。

そして、勝率は、17勝45敗で.274。

 

東北楽天ゴールデンイーグルスがプロ野球に参入した初年度(2005年)は戦力も整っておらず、なかなか勝てなかったが、その時の勝率が.281であり、ほぼ同じである。

21世紀枠と一般枠の実力差がありすぎると言わざるを得ないだろう。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です