カープ歴代年俸ランキング!!球団史上初の1億円は北別府学

*2019年1月9日情報更新

カープの年俸ランキングを調べてみた。

カープ歴代年俸ランキング

1993年に北別府学がカープ選手として初めて1億円に達してから22年、1億円以上を対象にカープの歴代年俸ランキングを作成してみた。

1億円以上で何度も契約している選手は最高年俸を対象とした。

順位 名前 年俸額
1位 黒田博樹 6億円 2016
2位 前田健太 3億円 2015
3位 金本知憲 2億4000万円 2002
菊池涼介 2019
5位 長野久義 2億2000慢円 2019
6位 前田智徳 2億1500万円 2000
7位 丸佳浩 2億1000万円 2018
8位 野村謙二郎 2億円 1998-2000
9位 江藤智 1億8700万円 1997-1998
10位 田中広輔 1億8700万円 2019
11位 佐々岡真司 1億7000万円 2001-2002
12位 緒方孝市 1億6500万円 2004
13位 栗原健太 1億6000万円 2012
永川勝浩 2009-2010
中崎翔太 2019
鈴木誠也 2019
17位 大瀬良大地 1億4500万円 2019
18位 新井貴浩 1億2300万円 2007
19位 石原慶幸 1億2000万円 2017
野村祐輔 1億2000万円 2018-2019
21位 大野豊 1億1200万円 1995-1996
22位 正田耕三 1億1000万円 1996
23位 北別府学 1億300万円 1993-1994
24位  東出輝裕 1億円 2009-2012
大竹寛 2013
梵英心 2014-2015
松山竜平 2019

カープで1億円に初めて到達したのは1993年の北別府学。

その後、1998年に野村謙二郎が初めて2億、2007年の黒田博樹が初めて3億円へと到達している。

2015年にカープに復帰した黒田博樹、2015年の年俸は4億円で、2016年は6億円であり、これが球団最高年俸となっている。

 

以前は渋ちん球団のイメージがあったが、マツダスタジアムの来客数増加、グッズ売り上げなどもあり、選手に支払える額は増えていると思う。

そして、25年ぶりのリーグ優勝を果たした2016年に好成績を残した選手が多く、オフの契約更改では年俸1億円超の選手が5人となった。

連覇を果たした2016年には更に1億円以上の選手が増え、6人となっている。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください