カープ歴代背番号22の選手一覧!サウスポーのイメージだが野球界ではクローザーや捕手が多い!

2017年のカープドラフト1位中村奨成が背番号22を背負う事になった。

カープで過去に背番号22を付けた選手はどのような選手がいるのだろうか?

カープ初優勝時の正捕手である水沼四郎も付けていた背番号22!

1950年の球団創設以来、カープで背番号22を付けた選手を一覧にしてまとめてみた。

選手 ポジション
1950-1951 石川清逸 投手(右)
1952 塚本博睦 外野手
1953-1958 川本徳三 投手(左)
1959 永井康雄 投手(右)
1960-1966 大石清 投手(右)
1967-1973 宮本洋二郎 投手(右)
1974-1982 水沼四郎 捕手
1983-1986 堀場秀孝 捕手
1987-1993 足立亘 投手(右)
1994 加藤哲郎 投手(右)
1995-2008 高橋建 投手(左)
2009 フィリップス 内野手
2010 高橋建 投手(左)
2011-2017 中村恭平 投手(左)
2018~ 中村奨成 捕手

カープの背番号22は、高橋建と中村恭平のイメージからサウスポーのイメージが強い。

しかし、調べてみると、この2人以外にサウスポーだったのは黎明期の1953~1958年にカープに在籍していた川本徳三しかいない。

球界全体ではクローザーや捕手のイメージが強い。

クローザーとしては 佐々木主浩、高津臣吾、そして藤川球児の名前が出てくる。

捕手は27に次いで22のイメージがあり、 田淵幸一、大久保博元、里崎智也、中島聡、そして現役では中村奨成も憧れる小林誠司が付けている。

カープでも1974~1986年までの黄金期に、水沼四郎、堀場秀孝という2人の捕手が付けていた。

水沼四郎は1975年のカープ初優勝、1979年の初の日本一と翌1980年の連続日本一の時の正捕手である。

あの「江夏の21球」の時の捕手も水沼四郎である。

そう考えると、カープの背番号22も捕手番号と言える。

中村奨成にはカープの背番号22は「捕手」というイメージを定着させてもらいたい。

また、侍ジャパンの背番号22も小林誠司ではなく中村奨成が付ける日が来ることを期待したい!

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です