全打順本塁打を達成した選手一覧!全ポジションを制覇した選手もいる!

プロ野球で1番~9番の打順で各々ホームランを達成した打者は何人いるのだろうか?

プロ野球全打順本塁打の達成者は過去9人!

全打順でホームランを打った事がある選手を表にまとめてみた。

達成日 選手名 球団 打順 通算本塁打数
1989年5月5日 古屋英夫 日本ハムファイターズ 9番 180
1996年4月27日 松永浩美 福岡ダイエーホークス 9番 203
1997年8月12日 田中幸雄 日本ハムファイターズ 5番 287
1998年5月26日 堀幸一 千葉ロッテマリーンズ 8番 183
1999年6月3日 小川博文 オリックスブルーウェーブ 1番 100
2002年4月21日 五十嵐章人 大阪近鉄バファローズ 8番 26
2009年4月7日 井口資仁 千葉ロッテマリーンズ 4番 251
2009年6月17日 吉村裕基 横浜ベイスターズ 1番 129
2011年8月11日 後藤光尊 オリックスバファローズ 4番 95

(球団名は達成時、打順は達成時の打順)
(通算本塁打は2017年9月25日現在)

パシフィックリーグの選手がほとんどであるが、ピッチャーが打席に立つセントラルリーグでは達成が困難な記録である。

パ・リーグで指名打者が採用されたのは1975年の事であり、この記録の達成者は比較的新しいと言える。

全て1989年以降なので、平成に入ってからの記録である。

そもそも、2番や8,9番を打つような選手が4番を打つケースが稀なのも、この記録が達成しにくい要因と言える。

また、若くしてスラッガーになった選手は若い時からクリーンアップを任せられるので、2番や8番、9番を打つ事は少なく、この記録を持っている選手の最多本塁打数は田中幸雄の287本となっている。

26本ととても少ない本塁打でありながら全打順本塁打を達成したのが五十嵐章人である。

五十嵐章人は全打順本塁打の記録の他に、全ポジションを守ったことがある希少な選手である。

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です