勝ち越している先発投手陣、負け越しているリリーフ投手陣

交流戦前の戦いが終わった。

19勝26敗と借金7、最下位で交流戦を迎える

課題はリリーフ陣の再編と明確なカープ

昨年2014年は27勝15敗、貯金12で交流戦を迎えたので、ほぼ真逆の成績である。

しかし、昨年は交流戦で大きくコケて貯金をほぼ使い果たした。

2015年はその逆に、勢いを付ける場として欲しいが、立て直しに必要なことはリリーフ陣の整備であることは間違いない。

ここまで先発投手陣は安定した投球で、勝ち越している。

名前 試合数 勝利 敗北 防御率
ジョンソン 9 4 2 1.99
福井優也 6 3 1 3.51
黒田博樹 8 3 2 3.55
前田健太 9 3 4 1.75
野村祐輔 5 3 2 3.27
大瀬良大地 7 1 4 2.68
戸田隆矢 1 1 0 3.00
45 18 15 2.60

先発投手陣は貯金3つ作っている。

特に4月は打線の調子が上がらず、1-0での完封負けも多かったことを考えれば、十分すぎる責任を果たしている。

防御率2.60がそれを物語っているだろう。

打撃陣も上向いており、先発陣はこれまで同様、責任を果たすのみ。

一方のリリーフ陣。

 

名前 試合数 勝利 敗北 防御率
今村猛 10 1 1 4.09
永川勝浩 16 0 1 3.77
ヒース 11 0 2 1.59
中崎翔太 16 0 3 3.66
一岡竜司 15 0 4 7.07
ザガースキー 16 0 0 1.42
九里亜蓮 6 0 0 3.27
今井啓介 3 0 0 0.00
戸田隆矢 2 0 0 2.70
飯田哲矢 1 0 0 0.00
河内貴哉 1 0 0 27.00
1 11 3.47

リリーフ陣だけで借金10を作っている。

リリーフ陣は試合を締める役割。

本来であれば、勝ちも負けも付かない方が良い。

 

リリーフ陣で仕事をしているのはザガースキーくらいだろうか?

リリーフ陣の再編をしつつ、交流戦以降の戦いに臨まないといけないが、個人的にはウェスタンで15試合13イニングに投げて3勝0敗1セーブ、防御率0.69と抜群の成績を残している中田廉に期待したい。

中田廉は若手ながらプルペンのまとめ役にもなり、空気を変えてくれるはずだ!

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください