カープ歴代新人王に続け「大瀬良大地」カープ新人記録を更新じゃ!!

大物ルーキー大瀬良大地の報道は連日届けられてますね。

フォークを試していたりと練習も当然注目されていますが、田村恵スカウトがドラフトで引き当てた「交渉権獲得」、その時に履いていた赤パンをモチーフにしたグッズも販売されるようで注目です!!

この辺りはカープらしい(^^ゞ

カープの歴代新人王を調べてみました。

 年 選手名 守備位置 打率/勝敗S 本塁打/防御率
2012 野村 祐輔 投手 9勝11敗 1.98
2006 梵 英心 遊撃手 .289 8本
1997 沢崎 俊和 投手 12勝8敗 3.74
1995 山内 泰幸 投手 14勝10敗 3.03
1986 長冨 浩志 投手 10勝2敗2S 3.04
1985 川端 順 投手 11勝7敗7S 2.72
1984 小早川 毅彦 一塁手 .280 16本
1982 津田 恒実 投手 11勝6敗 3.88

大瀬良大地の背番号14の先輩である津田恒実を筆頭に過去8人が新人王を取っています。

歴代新人王はカープに限らず投手が獲得することが多いです。
(セリーグの新人王は投手36人、野手24人)

カープでの新人王、投手の成績を見ると、勝利数が一番多いのは1995年の山内泰幸で14勝。

UFO投法が懐かしいです。

防御率は皆さんご存知、2012年の野村祐輔で、1.98。

 

大瀬良大地にはカープ新人の記録を更新して欲しいですね。

勝ち星は15勝以上で防御率が1.98未満。

この成績を残せば間違いなく新人王でしょう。

大瀬良大地であれば達成できると期待しています。

 

大瀬良大地だけでなく、九里亜蓮にも期待しています。

注目度は大瀬良大地と比較すると小さいですが、亜細亜大学を日本一に導いた投手。

勝ち方を知っていて、勝ち運も持っていると思います。

 

1987年のパ・リーグでは、近鉄バッファローズの阿波野秀幸と日本ハムファイターズの西崎幸広がとても高いレベルで新人王を争いました。

選手名 勝敗 防御率 投球イニング 完投 完封 奪三振
阿波野 秀幸 15勝12敗 2.88 249.2/3 22 3 201
西崎幸広 15勝7敗 2.89 221.1/3 16 4 176

赤字はリーグ最高

阿波野秀幸が新人王、西崎幸広がパ・リーグ会長特別賞を受賞。

時代が違うと言ってしまえばそれまでですが、投球イニングや完投数は凄まじいものがあります。

 

大瀬良大地と九里亜蓮にも1987年の2人の様な争いをチーム内で繰り広げてもらいです。

期待してるぜ、2人のスーパールーキー!!

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です