2015カープ先発投手陣の頭数は揃っている?サウスポーは?

2015年、前田健太、黒田博樹、大瀬良大地、野村祐輔・・・と先発投手陣は充実しているように感じるが、長年の課題であるサウスポー問題は解決されるのだろうか?

2014年カープで先発したのは14試合のみ

カープのサウスポー問題は今に始まった話ではない。

21世紀になってからは常に悩まされているだろう。

2014年も左腕が先発した試合は14試合しかない。

名前 先発試合数 先発勝利数
篠田純平 9 3
戸田隆矢 5 2

144試合なのでちょうど1割。

先発ローテーションにサウスポーが1枚入れば1/6で24試合、2枚入れば2/6で48試合をサウスポーに託すことができる。

14試合がどれほど少ないかは分かってもらえるだろう。

 

2014年も開幕当初は篠田純平が及第点の活躍をしていた。

夏前には戸田隆矢がプロ入り初勝利を上げるなど、戦力に加わった。

篠田純平は入団当初から期待され続けていながら、なかなか結果が出ないが、潜在能力はあるはずだ。

戸田隆矢はチーム事情からシーズン終盤はリリーフに回った。

2015年の起用法に注目だ。

私としては先発で起用してもらいたいと思っている。

 

黒田博樹の復帰で先発投手陣が充実していると言われるが、サウスポー問題は解決されていない。

篠田純平、戸田隆也が一皮剥けてくれれば面白い。

そして、新外国人のクリス・ジョンソンがあたるかどうか?

 

ここまで書いておいてなんだが、サウスポー問題と言っておきながら、全試合予告先発であるので、先発は全て右投手でもかまわないと思っている。

先発として結果を残せる6枚を優先的に。

試合の流れで投入できるリリーバーのサウスポーのが重要だと思う。

先ほどは戸田隆矢は先発のが良いと書いたが、チーム事情的にセットアッパーでの起用のがベターかもしれない。

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください