カープの新助っ人ブレイシアは背番号70!カープの背番号70は外国人選手用⁉

2017年、カープの新助っ人外国人として日本にやってきたライアン・デビッド・ブレイジア。

主にセットアッパーの役割を期待されているブレイジアの背番号は70!

カープ日本人選手で背番号70を付けた選手はいない!助っ人外国人選手用の番号?

プロ野球で背番号70と聞くと監督・コーチの番号という印象が強い。

カープではどうなのか、歴代の背番号70について調べてみた。

名前 ポジション
1975 ジョー・ルーツ 監督
1976-1979 野崎泰一 二軍監督
1980-1985 佐野嘉幸 コーチ
1986-1989 岡義朗 コーチ
1990-1995 高代延博 コーチ
1996 デラクルーズ 投手
2000-2001 ブリトー 内野手
2002 ラミーレス 投手
2003開幕前まで ランドクィスト 投手
2003開幕から ハースト 外野手
2005 レイボーン 投手
2008-2011 シュルツ 投手
2012-2013 ニック 外野手
2014-2015 ヒース 投手
2016 デラバー 投手
2017- ブレイシア 投手

(ランドクィストは背番号49だったハーストと開幕直前に背番号を交換・変更している)

赤ヘル誕生の親であり、1975年初優勝の礎を築いたジョー・ルーツが背負っていた番号が70である。

その後、1995年まではカープでも監督・コーチの番号として継承されてきたが、1996年にデラクルーズが背番号70を付けて以降、助っ人外国人野手の番号として定着している。

何か意味があるのだろうか?

アメリカなど海外で70がラッキーナンバーという事を聞いたこともないので不思議だ。

日本の選手が好んで付ける番号でもないと思うが、外国人が好む番号でもないと思うのだが・・・

ジョー・ルーツが背負った背番号70に敬意を表し、外国人選手に与えているのだろうか?

とは言え、背番号70での監督成績は15試合のみで6勝8敗1引分、勝率.429であり、縁起を担ぐ成績でもない。

 

関連記事:
    None Found


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください