プロ野球ドラフト会議で複数球団から競合指名された選手ランキング!最多は8球団で野茂英雄と小池秀郎!

1965年から始まったプロ野球ドラフト会議。

その醍醐味の一つは、複数球団が同一選手を指名した結果起こる、抽選である。

これまで指名された競合球団が最も多い選手は誰になるのだろうか?

“プロ野球ドラフト会議で複数球団から競合指名された選手ランキング!最多は8球団で野茂英雄と小池秀郎!” の続きを読む

連続試合二桁奪三振記録まとめ!ランキング1位は8試合連続で野茂英雄を超えた則本昂大!

近代野球で完投するケースは少ない。

100球前後でマウンドを降りるケースも多く、奪三振は打ち取るのに投球数を要する為に、二桁奪三振を奪う投手は一昔前と比較したら減っているように感じる。

“連続試合二桁奪三振記録まとめ!ランキング1位は8試合連続で野茂英雄を超えた則本昂大!” の続きを読む

SPONSORED LINK

岡島秀樹、中後悠平、日本で制球面に不安があった投手がメジャーでは問題克服する理由とは?

千葉ロッテマリーンズを戦力外になった中後悠平、テレビ番組にも取り上げられていたが、その後メジャーのダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んでアメリカ挑戦している。

3Aまで上がってきたが、日本時代に苦しんでいた制球難を克服しつつあるようだ。

“岡島秀樹、中後悠平、日本で制球面に不安があった投手がメジャーでは問題克服する理由とは?” の続きを読む

メジャー1年目で二桁勝利達成は前田健太で7人目!2年連続二桁勝利を達成したのは何人?

ポスティングシステムを利用してロスアンゼルス・ドジャーズに移籍した前田健太。

順調に白星を積み重ね、シーズン10勝目に到達した。

ここまでは期待通りの活躍をしている。

“メジャー1年目で二桁勝利達成は前田健太で7人目!2年連続二桁勝利を達成したのは何人?” の続きを読む

日本人メジャーリーガー通算本塁打数ランキング!15人が記録!

2016年4月6日。

前田健太が初登板を6回無失点に抑え、見事に勝利投手となると共に、ホームランまで放つ衝撃的なデビューを果たした。

これまでメジャーでホームランを放った日本人選手は何人いるのかが気になったので、日本人メジャーリーガーホームラン数ランキングを調べてみた。

“日本人メジャーリーガー通算本塁打数ランキング!15人が記録!” の続きを読む

ロサンゼルスドジャースでの日本人投手勝利数ランキング!

東海岸にあるアメリカンリーグのニューヨークヤンキースと並び人気チームである、西海岸・ナショナルリーグのロサンゼルスドジャースにポスティングで移籍することになった前田健太。

ドジャースにはこれまでも多くの選手が在籍しているが、過去在籍した投手の勝ち星がどれほどが調べてみた。

“ロサンゼルスドジャースでの日本人投手勝利数ランキング!” の続きを読む

黒田博樹、前人未到の日米40球団から勝利!今後破られない記録

2015年5月29日(金)、黒田博樹がオリックスバファローズから勝ち星を上げて、カープ以外の日本プロ野球全球団から白星を上げた。

メジャーでもデトロイトタイガース以外の29球団から勝利を上げており、計40球団。

これは今後簡単には破られない記録だろう。

“黒田博樹、前人未到の日米40球団から勝利!今後破られない記録” の続きを読む

黒田博樹日米通算3000投球回達成、近代野球では稀な記録

黒田博樹が日米通算3000投球回を達成した。

毎年200イニング投げても15年掛かる偉大な記録。

もう少し報道が多くても良いのではないだろうか?

“黒田博樹日米通算3000投球回達成、近代野球では稀な記録” の続きを読む

SFF、チェンジアップ、メジャーからやってくる新しい球種

ここ数年、日本球界で流行の兆しがあるスプリット・フィンガード・ファーストボール。

昔は頭文字を取ってSFFを呼ばれていたが、最近は単にスプリットと呼ばれている。

“SFF、チェンジアップ、メジャーからやってくる新しい球種” の続きを読む

祝!野球殿堂入り、日本人はレジェンド野茂英雄をもっと称えるべき

野茂英雄が野球殿堂入りしてから1週間。

あまり報道されていないですね。

もっと賞賛されるべきと思います。

“祝!野球殿堂入り、日本人はレジェンド野茂英雄をもっと称えるべき” の続きを読む