藤川球児の1試合毎の契約と黒田博樹の契約の考え方の相違

高知ファイティングドッグスに入団した藤川球児、これまでに前例のない1試合ごとの契約、そして無給であるようだ。

この契約の背景にあるのは、やはり日本プロ野球界復帰をだと思う。

“藤川球児の1試合毎の契約と黒田博樹の契約の考え方の相違” の続きを読む

藤川球児の高知FD移籍は男気?7月末までにNPB復帰の可能性は?

テキサスレンジャーズを解雇された藤川球児が高知ファイティングドッグスへの入団を決めたと聞き、とても驚いた。

一部で「男気」とも言われているこの移籍だが、2ヶ月後には日本プロ野球チームで投げていても不思議ではない。

“藤川球児の高知FD移籍は男気?7月末までにNPB復帰の可能性は?” の続きを読む

SPONSORED LINK

祝!上原浩治100勝100S達成。名球会入りの条件を再考する

上原浩治が日米通算100勝100Sを達成した。

過去に7人しか達成していない偉大な記録だ。

“祝!上原浩治100勝100S達成。名球会入りの条件を再考する” の続きを読む

建山義紀の背番号53、阪神タイガースの背番号の重みと空き番号

阪神タイガースが建山義紀を獲得。

その背番号は53、元盗塁王で2003年、2005年の阪神タイガース優勝に大きく貢献した赤星憲広の背番号である。

“建山義紀の背番号53、阪神タイガースの背番号の重みと空き番号” の続きを読む

遂に初自責点の一岡竜司。連続無失点の日本記録はかなり先!?

大竹寛の人的保障としてカープにやってきた一岡竜司。

ここまで主に8回を担い、ミコライオが離脱中には代理ストッパーまで務めている。

カープ快進撃を支えている投手だ。

“遂に初自責点の一岡竜司。連続無失点の日本記録はかなり先!?” の続きを読む

投球数に対する日米の考えの違い、科学的に証明できないものか?

野球選手、特に投手にとっての肘はとても繊細なもの。

人間にとって小さなボールを投げる行為は自然な動作ではないはずだ。

“投球数に対する日米の考えの違い、科学的に証明できないものか?” の続きを読む