プロ野球シーズン球団最多敗戦数ランキング!100敗したチームはある?

長い歴史がある日本のプロ野球、これまでシーズン100敗したチームはあるのだろうか?

“プロ野球シーズン球団最多敗戦数ランキング!100敗したチームはある?” の続きを読む

カープ投手の開幕からの連勝記録ベスト3!プロ野球記録は田中将大の24連勝!

プロ野球は開幕に標準を合わせシーズンに入っていく。

シーズン中の波はあるものの、良い形で開幕スタートを切れると、調子よくシーズンを戦える選手が多いと思う。

“カープ投手の開幕からの連勝記録ベスト3!プロ野球記録は田中将大の24連勝!” の続きを読む

SPONSORED LINK

連続試合二桁奪三振記録まとめ!ランキング1位は8試合連続で野茂英雄を超えた則本昂大!

近代野球で完投するケースは少ない。

100球前後でマウンドを降りるケースも多く、奪三振は打ち取るのに投球数を要する為に、二桁奪三振を奪う投手は一昔前と比較したら減っているように感じる。

“連続試合二桁奪三振記録まとめ!ランキング1位は8試合連続で野茂英雄を超えた則本昂大!” の続きを読む

プロ野球で三者連続三球三振を成し遂げたのは過去17人18度!9回に達成したのは過去3人で過不足ないのは松井裕樹ただ1人!

1イニング3人の打者を全て三球三振の完璧な投球をしたら、とてもカッコイイ。

長いプロ野球の歴史の中で何度も達成しているかと思いきや、過去18度しか記録していない貴重な記録なのである。

“プロ野球で三者連続三球三振を成し遂げたのは過去17人18度!9回に達成したのは過去3人で過不足ないのは松井裕樹ただ1人!” の続きを読む

長谷部康平と山内壮馬は杜若高校の同級生!最後は東北楽天ゴールデンイーグルスでチームメイトとなり現役引退!

2016年シーズンを持って東北楽天ゴールデンイーグルスから戦力外となった長谷部康平と山内壮馬。

2人は杜若高校の同級生であるが、揃って戦力外通告を受け、共に現役引退を表明した。

良き友であり、良きライバルの2人、不思議な糸で繋がっているようだ。

“長谷部康平と山内壮馬は杜若高校の同級生!最後は東北楽天ゴールデンイーグルスでチームメイトとなり現役引退!” の続きを読む

栗原健太の現在地。東北楽天であの輝きを取り戻せるか?

2016年、東北楽天ゴールデンイーグルスとの交流戦を終えた。

昨年オフにカープを自由契約となり、東北楽天に入団した栗原健太。

カープとの対戦で見返したい気持ちがあっただろう。

カープファンも新天地で頑張っている姿を見たかった。

しかし、彼は1軍にいなかった。

“栗原健太の現在地。東北楽天であの輝きを取り戻せるか?” の続きを読む

軟式・準硬式野球部出身の選手一覧!プロでも活躍できる!

2016年ドラフト会議、東京ヤクルトスワローズが6位で指名した菊沢竜佑は軟式野球出身、そして東北楽天ゴールデンイーグルスが同じく6位で指名した鶴田圭祐は準硬式野球部出身と、硬式野球以外からの指名が話題を呼んでいる。

“軟式・準硬式野球部出身の選手一覧!プロでも活躍できる!” の続きを読む

平成唯一の三冠王松中信彦が引退!新しい引退の方法か?

福岡ソフトバンクホークスを自由契約になり、他球団への移籍を模索していた松中信彦が現役引退を決断したようだ。

2月末まで現役続行を目指した松中信彦、新しい引退の形になるのだろうか?

“平成唯一の三冠王松中信彦が引退!新しい引退の方法か?” の続きを読む

カープが松中信彦のテストを検討⁉走・守が問題でお流れ?

福岡ソフトバンクを自由契約となり移籍先を探している松中信彦。

自ら各球団の編成部門に電話を掛けて、テストのお願いをしていたという。

実際に広島東洋カープと東北楽天ゴールデンイーグルスがテストを検討したが、足と守備の面からテストを見送ったようだ。

“カープが松中信彦のテストを検討⁉走・守が問題でお流れ?” の続きを読む

栗原健太は楽天に入団したら山崎武司のようになれるのか?

栗原健太の東北楽天ゴールデンイーグルス入団がほぼ内定したようだ。

秋季キャンプに参加した時点で入団が決まっているのだろうと思っていた。

もっと振り返れば、カープを退団した時点でどこからか話はあったのだろうと思っていたが、新天地でまた豪快な一振りを見せてもらいたい。

“栗原健太は楽天に入団したら山崎武司のようになれるのか?” の続きを読む

パ・リーグで4番・エース・クローザーが日本人のチームは?

カープは2015年シーズン、外国人助っ人デュアンテ・レイモン・ヒースがクローザーでスタートしたが、調子が上がらず2軍で調整することとなった。

代わってクローザーに抜擢されたのが、若き中崎翔太だ!!

“パ・リーグで4番・エース・クローザーが日本人のチームは?” の続きを読む

松井裕樹の潜在能力!奪三振率10以上!制球よりも長所を磨け!

前田健太vs松井祐樹。

思っていたほど注目をされなかった気がするが、前田健太が貫録を見せた。

しかし、松井祐樹の潜在能力はやはり只者ではない!

“松井裕樹の潜在能力!奪三振率10以上!制球よりも長所を磨け!” の続きを読む

打線の流れは、2番菊池涼介-3番丸佳浩-4番エルドレッド

1番丸佳浩の3点本塁打で勝利を収めた2014年5月26日の交流戦対西武ライオンズ。

しかし2014年のカープ打線の特徴は、『2番菊池涼介-3番丸佳浩-4番エルドレッド』の打線の流れではなかろうか?

“打線の流れは、2番菊池涼介-3番丸佳浩-4番エルドレッド” の続きを読む

新ポスティングシステム合意!日本球団から見た田中将大の商品価値は?

昨日は、アメリカサイドから見て日本での実績から田中将大のポスティング額がいくらを考えてみました。

今日は、逆に日本サイド(楽天)から見て、いくらであれば田中将大を放出してもいいか、楽天ゴールデンイーグルスとしてのビジネス的視点で考えてみたいと思います。

“新ポスティングシステム合意!日本球団から見た田中将大の商品価値は?” の続きを読む

新ポスティングシステム合意!アメリカから見た田中将大の商品価値は?

新ポスティングシステムが合意に達したようです。

報道されていたように、上限2,000万ドル(約20億円)。

田中将大本人は大リーグ挑戦の意思を表明しましたが、球団はどう考えるか?

“新ポスティングシステム合意!アメリカから見た田中将大の商品価値は?” の続きを読む