中崎翔太、絶対的守護神へ!カープ日本人セーブ記録ランキング

*2017年シーズン終了後にデータ改定

2015年シーズン、クローザーはデュアンテ・レイモン・ヒースでスタートしたが、安定したピッチングが見られず、5月から中崎翔太が守護神の座についた。

中崎翔太も当初は不安定なピッチングが続いたが、8月27日以降は得点を与えることなく、18試合連続無失点でシーズンを終えた。

防御率も2.34まで下げ、セーブ王のタイトルを獲得した阪神タイガース呉昇桓の2.73より低い。

“中崎翔太、絶対的守護神へ!カープ日本人セーブ記録ランキング” の続きを読む

プロ野球各球団のシーズン最多ホールドポイント保持者は誰でその記録とは?

近代野球は投手の分業制が確立され、クローザーだけでなく、7・8回を投げる強固なセットアッパーがいるチームが強い。

中継ぎの重要度も年々増しており、中継ぎの成績の指標であるホールド数にも注目が集まるようになっている。

“プロ野球各球団のシーズン最多ホールドポイント保持者は誰でその記録とは?” の続きを読む

SPONSORED LINK

プロ野球各球団のシーズン最多セーブ保持者は誰でその記録はいくつ?40セーブ以上は何チーム?

投手の分業制が確立された近代野球。

安定したクローザーがいるチームが強く、優勝するチームには最後を締めるクローザーがいる。

プロ野球各球団のシーズン最多セーブ保持者が気になったので調べてみた。

“プロ野球各球団のシーズン最多セーブ保持者は誰でその記録はいくつ?40セーブ以上は何チーム?” の続きを読む

中崎翔太がカープ球団史上4人目の30セーブ到達!過去に達成した投手と年齢は?

カープの若き守護神、中崎翔太がプロ入り初の30セーブを達成した。

カープ球団史上4人目の快挙である。

“中崎翔太がカープ球団史上4人目の30セーブ到達!過去に達成した投手と年齢は?” の続きを読む

1991年4月14日津田恒実最終登板から25年、意思を引き継げ!

広島東洋カープが最後に優勝した1991年、この年がラスト登板になった投手がいる。

炎のストッパー津田恒実である。

“1991年4月14日津田恒実最終登板から25年、意思を引き継げ!” の続きを読む

大瀬良大地のセットアッパーの経験はチームで活用すべき!

大瀬良大地がセットアッパーの役割となって初めて、8回を3者凡退で抑えた。

大瀬良大地が得た経験は、チーム全体に還元してもらいたい。

“大瀬良大地のセットアッパーの経験はチームで活用すべき!” の続きを読む

好調な打線、不安なリリーフ陣、外国人選手の起用が鍵?

交流戦が終了した。

日本ハムに3タテされた時にはどうなるかと思ったが、なんだかんだで9勝9敗の五分で終えた。

相変わらずセントラルリーグ全体で交流戦に弱く、首位読売ジャイアンツとのゲーム差は4.5差しかなく、セリーグ各球団との戦いに戻ることになった。

“好調な打線、不安なリリーフ陣、外国人選手の起用が鍵?” の続きを読む

大瀬良大地のリリーフ転向はセットアッパー?クローザー?

崩壊気味のリリーフ陣を立て直すべく、ルーキー時代から先発での登板したなかった大瀬良大地がリリーバーに転向となった。

大瀬良大地も先発では巡り合わせが悪かった部分もあり、リリーバーでリズムを取り戻し、大エースとなるための経験を積んでほしいと思う。

“大瀬良大地のリリーフ転向はセットアッパー?クローザー?” の続きを読む

対日ハム 先発マエケン 9回逆転はデジャブ?成長していない?

2015年6月2日(火)対日本ハムファイターズ戦、9回表に5点を取られての逆転負け。

2012年5月20日(日)の再現をしているかのような試合であった。

“対日ハム 先発マエケン 9回逆転はデジャブ?成長していない?” の続きを読む

良い人伝説ザガースキー!チームを離脱せず、夫人は広島で出産

癒し系助っ人リリーバー、マイク・ザガースキー夫人が第1子となる長女を広島で出産した。

外国人選手が日本で出産するのはとても珍しいと思う。

“良い人伝説ザガースキー!チームを離脱せず、夫人は広島で出産” の続きを読む

左右の差はあれ、赤松真人の役回りを野間峻祥に任せるのか?

昨日5月21日、試合のなかったカープは、一岡竜司、天谷宗一郎、ロサリオの1軍出場選手登録を抹消した。

上がってくる選手は誰になるのか?

“左右の差はあれ、赤松真人の役回りを野間峻祥に任せるのか?” の続きを読む

6連勝は全て先発投手に白星!黒田博樹復帰後のローテションは?

カープは5月4日から6連勝中。

ゴールデンウィーク、鯉のぼりが揺れる子どもの日を挟んで勢いが加速している。

“6連勝は全て先発投手に白星!黒田博樹復帰後のローテションは?” の続きを読む

1984年優勝時にはパームボールの使い手:小林誠二がいた!!

近代野球はクローザーがしっかりしていないチームの優勝は難しい。

近代野球と言うが、カープ1991年優勝時には大野豊、1986年には津田恒美がいた。

そして1984年には小林誠二がクローザーとして君臨していた。

“1984年優勝時にはパームボールの使い手:小林誠二がいた!!” の続きを読む

打線の核4番と試合を締めるクローザーは日本人を育てよ!!

広島東洋カープ、先発投手が踏ん張っているものの打線が奮起せず、接戦で競り負けている状況が続く。

打線の核である4番、試合を締めるクローザーに焦点が当たっている。

“打線の核4番と試合を締めるクローザーは日本人を育てよ!!” の続きを読む

1986年クローザー津田恒美、胴上げ投手にふさわしい男!!

優勝するチームには頼れるクローザーがいる。

1991年カープ優勝時には大野豊がいたが、1986年には炎のストッパー津田恒美がいた。

“1986年クローザー津田恒美、胴上げ投手にふさわしい男!!” の続きを読む

1991年クローザー大野豊、優勝決定試合は三者連続三振斬り

2015年カープの守護神ヒースがピリッとしない。

近代野球では、優勝する為に絶対的なクローザーの存在は欠かせない。

“1991年クローザー大野豊、優勝決定試合は三者連続三振斬り” の続きを読む

ルーキーシーズンの登板過多で伸び悩んだ?小林幹英投手コーチ

今シーズン、なかなかリリーバーの調子が上がらないカープ。

自身もリリーバーであった小林幹英ピッチングコーチは頭を悩ましていることだろう。

“ルーキーシーズンの登板過多で伸び悩んだ?小林幹英投手コーチ” の続きを読む

中崎翔太に心と体の休息を。昨年の中田廉の二の舞は禁ず!!

カープの勝利の方程式が上手く機能していない。

特に中崎翔太の起用法が気になるところだ。

“中崎翔太に心と体の休息を。昨年の中田廉の二の舞は禁ず!!” の続きを読む

一岡竜司&中崎翔太の抑えの切り札に名乗り!是非日本人で!!

2014年シーズン、ケガで離脱することがあったが安定感抜群の投球を見せた一岡竜司と、シーズン途中からセットアッパーのポジションに入り飛躍を見せた中崎翔太が「抑えの切り札」奪取に意欲を見せている。

“一岡竜司&中崎翔太の抑えの切り札に名乗り!是非日本人で!!” の続きを読む