梵英心と木村昇吾、同い年二人の遊撃手(ショート)守備力比較

2014年、カープのショートと言えば梵英心に木村昇吾。

同じ年の二人、その守備力を独自の視点で比較してみたい。

 

梵英心vs木村昇吾、守備力では木村昇吾?

お互い1980年生まれ、松坂世代で今年34歳。

背番号は「6」と「66」、ショートを連想してしまう。

そろそろ動きの多いショートのポジションの負担も大きくなってくると思うが、まだまだ後釜がいないので、この二人には頑張ってもらわなければならない。

そんな二人の守備力を比較してみたい。

 

守備範囲

ショートは守備範囲が広いポジション。

梵英心と木村昇吾の守備範囲を比較すると木村昇吾に軍配か。

特に梵英心は膝を怪我して以降、守備範囲が狭まった印象。

スローイング

三遊間の深い所からの遠投、センターに抜けそうな打球を反転して送球、ダブルプレーでのクイックなど、見せ場が多い。

スローイングは共に安定していると思う。

安定の梵英心に魅せる木村昇吾、のイメージか。

統率力

ショートは内野の要、雰囲気のコントロールも要求される。

ここは選手会長の梵英心の勝ちか。

ルーキー時代に大エース黒田博樹に物申したは忘れられない。

ポカ

変な項目だが、総じて二人とも守備力は高い。

しかし、たまにイージーな打球をポロっとしたりとポカをするイメージが。。。

 

結論的には梵英心が膝を怪我した影響もあって、木村昇吾の方が守備力は上だと思う。

監督野村謙二郎もそうした判断で、サード梵英心、ショート木村昇吾の布陣で臨んでいるのだろう。

 

遊撃手論/久慈照嘉、矢崎良一
Amazonで購入
楽天市場で購入
7netで購入
Yahooショッピングで購入

 

90年代から00年代に阪神タイガース、中日ドラゴンズで活躍した久慈照嘉、守備の名手で、守備だけで飯を食べていたのでは?と思うし、野球通は久慈照嘉の守備だけで酒が呑める!?

そんな久慈照嘉が認めていたのが梵英心。

性格的に目立たない性格だが、その守備力はかなり高く、名手宮本慎也や井端弘和からの評価も高い。

プロが認めるプロな選手、華麗なプレーを見せてほしい!・・・と思うが、淡々とプレーするのが梵英心の美学かもしれない。

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.